ゴルフでの4スタンス理論では重心の場所から4つのタイプにゴルファーを分けて、そのタイプごとに合った練習法が変わるというものです。

A2タイプの人は重心がつま先に合って外側にあるのが、A2タイプの人の特徴です。実は、このタイプはゴルフの指導書などでは、最も参考にされているタイプです。

つまり、米国プロゴルファーで長年トップとして君臨してきたタイガー・ウッズがこのタイプと言われており、タイガー・ウッズを参考にしている参考書では、基本的にA2タイプの練習法が記載されています。





1.A2タイプの人の特徴

s2タイプの人のスイングの特徴は、シンプルで美しく御手本どおりのスイングをするのがA2タイプのスイングと言えます。

もちろん、指導書、教科書・参考書が、タイガーウッズや、中島常幸などのスイングを参考に書かれていることが多いのですが、憧れと自分のタイプは別のものなので、タイプが同じであれば参考にすることはもちろんですが、タイプが違っ束愛には、上達は遠のきます。


2.A2の人のグリップ

A2の人のゴルフはとにかくシンプルにすることがキーワードとなります。

A2の人のグリップは、自然にクラブを手のひらに対して垂直・直角を作るようにしてあてて、握るだけです。

右手であっても左手であっても同じで、他のタイプの人と比べて意識することなく自然と握ることが可能です。

そして、ゴルフの基本初頭で書かれているとおり、親指はクラブの上に右手の親指も左手の親指も伸ばして自然に握るだけです。

これで、A2の人のグリップは完成です。


3.A2の人のアドレス

A2の人のアドレスは、重心がつま先外側にあることから、外に力が逃げやすくなることから、力を腕、クラブに伝えることを意識しなければなりません。

つまり、外側にかかっている体重を、体の中心から伸びる腕とクラブに伝えるには、感覚として、しっかりと足を踏みしめることが必要になります。

これによって、外側から内へと力が集約されます。

また、重心がつま先側にあることから、前傾姿勢を意識しすぎると前のめりになって自然なスイングが出来なくなりますので、A2の人は、意識的に姿勢を正して、胸を張るイメージで構えるとが必要です。


4.A2の人のスイング

A2の人は、つま先の外側に重心があるからこそ、体重移動を意識しすぎてはいけません。

つまり、重心が外側にあるので、自然と体重移動が可能であるからこそ、意識する必要はありません。

意識するのは回転だけです。

A2の人が意識することは、左手が体の右手の方に上がり、そのまま自然に左肩を目指して巻きつくようにスイングできているか、これを意識することで、ゴルフの上達が変わってきます。

つまり、アドレスの際に伸ばした背筋を意識して、背筋を中心にコマや振り子のように、両腕が左右するイメージで、振りぬけているか、そのイメージを持って、スイングすることが重要になります。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!