ゴルフで大事なのはアドレスで、この構え方も正しい方法を覚えないで自己流で覚えてしまうと変な癖がついてしまうので注意が必要です。

ゴルフのアドレスをスクエアに構える事でスコアの上達にも繋がります。


1.方向取りの重要性について

方向取りを練習することはとても大切なことです。

ゴルフというスポーツは、ティーショット、セカンドショット、アプローチどれをとっても最終的にターゲットに近づけることが目的だからと言えます。




狙ったところに打つことが最終的なゴルフの目的であり、それだけに日ごろから練習の中では、アドレスでのスタンスの方向に気を使うことが多いのですが、実際にはボールはスタンス方向に飛び出さないことがほとんどです。

スタンスはスクエアなのにボールが右側に飛び出したり、左側に飛び出したりしますが、本来はスタンスどおり飛び出すのが一番計算できるはずです。


2.スクエアなアドレス

肩ラインや腰ラインを大切にして、ボールに近いグリップ、ボールから遠い足先、その中間の腰ラインをスクエアにすれば、他の箇所も大体スクエアになるようです。

人によっては、膝ラインや太ももラインでも良いと言えます。

スクエアなアドレスを探してみて、ここからゴルフが始まるので、アドレスだけで上級者なのか初心者なのか、ゴルフをしている人には分かるから不思議です。

それだけにスクエアなアドレスを心掛けると良いです。


3.肩の向きをチェックする

アドレスでつま先を開く人は目標にスタンスが取りにくく、目標より違った方向を向いている場合があります。

正確なスクエアなアドレスの取り方はつま先を開かず目標にスタンスを取り、クラブを握らず肩の向きを合わせます。

クラブを握ると右肩が前に出て、目標に正しく構えるのは右肩を下げ、最後につま先を元の向きに戻す事です。

ゴルフを始めたころは右手が左手の前で握りますが、ほとんどの人は右肩が前に出たアドレスになっています。

アドレスが完成してから方向の確認するには、両足を平行にする事で、アドレスができると肩と目標のラインを確認出来ます。

徐々に慣れてくるのですが、これを怠ると弾道が安定せず、アドレスに入る前に右肩を左手で前に出ないようにするのも正解です。

最近のウッドはフックフェースになっているのが多いですが、まっすぐ飛ばすならフェースを目標に合わせることが必要です。

フェースの向きでアドレスするのは危険でフェースもスクエアにしてアドレスもスクエアにするのが理想です。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!