ゴルフは紳士のスポーツと言われていますが、とても奥深いスポーツです。

ゴルフの大事な要素でもあるアドレスですが、アドレスによってボールが飛ぶ方向が大きく異なります。

ゴルフ上達をする事を考える場合には、アドレスの方向を理解して、自分にあった方法をチョイスすると良いです。


1.打球方向は胸と肩が向いている方向

初心者の頃のアドレスは、肩も腰も足もすべて平行に構えるべきものと考えてしまいやすいものです。




間違いではないのですが、最終的に打球方向を決めるのは、特殊な状況を除いて胸と肩が向いている方向です。

ついつい目で確認しやすい足元でアドレスの方向を決めようとしてしまいやすいのですが、これは勘違いや錯覚を招きがちな方法です。

足元はオープンスタンスでもクローズドスタンスでも問題なく、人それぞれの身体特性に合わせて、降りやすいスタンスを採用していけば良いと言えます。

重要なのは、胸と肩を平行にして、その方向を打球方向に合わせることです。

足下よりも胸と肩を意識して練習すると良いです。


2.飛球線と垂直にクラブフェースを合わせる方法

多くのゴルファーはアドレスに入る前にボールの後方に立ち、ボールを打ち出したい方向を決めています。

その目標はバンカーであったり、背の高い木であったり、グリーンの旗だったりするはずですが、ある程度ゴルフ経験を積んだ人であれば、その目標からボールまでイメージの中で直線を引き、その直線上にあるボールの先10cmから20cmのところに落ち葉や小さな枝、芝の変化などを見つけてそこにクラブフェースを合わせます。

より良い方法としては、点と点を結び、練習場のマットのようなイメージでアドレスすることです。

スイングに自信がない場合は、まっすぐ構えたことによって逆に違和感を感じることがありますが、普段の練習の時からスクエアの構えが出来ていない可能性があります。


3.目標に対して正しく向くアドレスの練習方法

目標に対して正しく向くアドレスの練習方法としてはいくつかあり、ボールの後ろから飛球線を見て目標物を決める事やボールの数メートル先に目標物と直線上になるようにコインなどを置くと良いです。

コインとボール平行になるように構えて、頭だけ左を向き目標物を見る事も効果的です。

練習場で何度も繰り返し、正しい方向を向いている時の見え方や景色を覚え、体に刷り込ませます。

本番のコースでは、練習場の環境とは全く異なり周りの景色も違うので、アドレスで構えた時の方向は感覚に頼るしかないと言えます。

本番のティーショットでは、コインの替わりに木の葉やディボットなどを利用すると良いですが、ただ目標物のないフェアウェイからのアイアンショットでは自分の感覚だけが頼りになると言えます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!