ゴルフのカッコよさはアドレスが第一印象になるので、アドレスをしっかり作ることで見た目もスコアもアップします。

上達のためには自分にあった正しいアドレスを作る事で、知識を理解しておく必要があります。


1.目指すアドレスの姿

目指すアドレスとして、自分が思っているより背筋は丸くなりがちです。

腰のベルトを上に引っ張られているイメージで尻を上げてみると良いです。




腰を曲げるというより股関節から曲げるイメージで前傾姿勢を作り、ヒジの方向ですが、初心者ほど右肘内側が飛球方向を指しがちです。

その場合、右ワキが開きやすくなりスライスの原因にもなるため注意が必要です。

肘の内側は正面で前傾角度ですが、クラブによって変わります。

長いドライバーでは浅くなり、短いアイアンほどキツくなります。

アイアンの場合には、クラブのソールを地面にぴったり合わせて、クラブのソールに自分が合わせることが重要と言えます。


2.アドレスのポイントと練習方法

アドレスのポイントは、できる限り地面に垂直に立ち、目線や肩のライン、両前腕、モモ、足の全てが、目標方向に対して直線で、全てが平行となっているかです。

1ヵ所でもズレるとボールが真っ直ぐ飛ばない原因になります。

肩のラインだけは右手が下になる関係で完全に平行とはならないです。

練習場には鏡もある場合が多いので、自分のアドレスをチェックすると非常に有効です。

自分なりのアドレスのローテーションが自然に出来るようになるとゴルフは飛躍的にスコアアップに繋がります。


3.基本的なアドレスの作り方

ゴルフのアドレスの作り方として、まずは真っ直ぐ背筋を伸ばし姿勢を正して直立した状態から肩幅程度の大きさに足を開きます。

無駄に力が入り過ぎないように注意が必要です。

背筋を伸ばしたまま上半身を前傾させますが、まだ膝を伸ばしたままなので、重心が前に移動することで指の付け根に体重がかかります。

腰を曲げずに骨盤を前傾させる点に注意して行います。

真っ直ぐに伸ばしていた膝を休める感覚で軽く曲げ、曲げることにより指の付け根にかかっていた体重が、母子球と小指球のライン上に移動します。

基本的なアドレスを作るときには、リラックスした状態で行う事が大事になり、プレイ中でもなるべくリラックスして望む事が肝要です。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!