ゴルフの力の入れ方は難しいポイントではあります。

アドレスで腹筋に力が入ることはバックスイングが小さくなり良いことではなく、強いて言えば両膝の内側とお尻に力が入っています。

ゴルフでは基本的にアドレス時には力を入れる必要もなく、唯一グリップに力を入れる事がベターと言えます。


1.腹筋に力を入れるとバックスイングで安定しない

ゴルフスイングではアドレスで腹筋に力を入れると大きなバックスイングが取れないと言えます。




腹筋に力を入れるとバックスイングで腰から下が動きやすく正しくスイングが出来ないので、ゴルフは体をひねることでその反転する力でボールを打つことになります。

この反転が上手く出来ないと反転する力が使えなく飛距離は期待できません。

女子プロの小さい人が男性より飛距離を出せるのは体をひねることで反動が強くなり飛距離を出しています。

腹筋の強い人はゴルフには力を抜くことが出来るとより一層飛距離が出せます。

力を抜くことに注意して練習することが大事です。


2.腹筋に力を入れると体が回らない

ゴルフに必要な筋肉は腹筋よりも背筋であり、背筋の強い人は飛距離を出すことにとても優れています。

この背筋も使い方によっては危険なときもあり、背筋はゴルフで使うときは意識せず無意識に使うことで生きてきます。

ゴルフは筋肉を付けることは非常に良いことですが、筋肉をつけて柔らかく使うことが最高の結果が出てきます。

もっと良いのは下半身に筋肉を付けることで、スイングで一番大事なことは下半身が安定することです。

下半身が安定すると飛距離にも特に効果があるので、上半身は柔らかく使いますからそれほど筋肉を付ける必要もないと言えます。

ただ筋肉はないよりはある方が良いですが必要以上の筋トレはいらないので理解すると良いです。

ゴルフスイングは下半身を強化して上半身は柔らかくすることで最高の飛距離を生み出します。


3.腹筋に力を入れるとフィニッシュも取れない

スイングにおいて上半身を上手く使うには下半身の強化はとても必要ですが、腹筋に力を入れるとスイングのフィニッシュが取りづらくなります。

ゴルフスイングはいつも同じフィニッシュが取れることが重要なので意識して練習すると良いです。

ゴルフで下半身が弱い人はスイングすると下半身がばたつくことになり、下半身がしっかりしないと安定したスイングが出来ず苦労します。

ダウンスイングが始まると後は柔らかく筋肉を使うことが最適なので、スイングと力を意識して練習する事が肝要です。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!