ゴルフスイングにおいてバックスイングとダウンスイングを気にする方は多いですが、トップを気にする方は少ないように思います。

トップが決まらないと、切り返し以降のスイングは正しくできません。

トップはゴルフ上達の上でとても重要なポイントです。


1.トップの重要性

トップを決めるといっても、トップの高さは気にする必要はありません。

高いとアウトサイドイン、低いとインサイドアウトになりやすいというのは多少ありますが、ほとんど影響しません。




それよりもトップまで上がったゴルフクラブをダウンスイングでどのように下ろしてくるかで、インパクトがアウトから入るか、インから入るかが決まります。

テイクバックを気持ちよく行った時に、トップがその高さにいつも自然に収まるのなら、その高さでいいです。

高さを意識して変える必要はありません。

トップで重要なのは、クラブが左手の薬指と中指で握った箇所を支点に、左手の親指と右手の人差し指の付け根でしっかり支えられているかです。

右手の人差し指の付け根で支えるためには、アドレスで右手の握り方に気をつけなければいけません。

右手の人差し指と親指の作るV字を自分のあごに向けて下さい。

そうすれば、トップで右手人差し指の付け根にクラブが乗ります。

自分に合った握り方が分からないという方に、握り方を見つけるお薦めの方法があります。

先にトップでクラブがしっかり支えられるグリップを作り、それをアドレスの位置に下ろして、握り方を見つけるという方法です。

トップでクラブをしっかり支えられる握り方が、あなたに一番合ったグリップの握り方です。

トップで重要な事がもう一つあります。

それは左手を真っすぐ伸ばすことです。

アドレスで左手をまっすぐにして構え、左肘を曲げないよう、大きな弧を描くように上げていくと、左手が伸びたきれいなトップができます。

どうしても左肘が曲がる方は、アドレスでグリップを握ったら、手から肘までを内側に絞るようにすると、左肘がロックされたようにまっすぐになります。

そのまま上げれば、左肘は曲がりません。


2.トップが決まるということ

トップが決まるということは、トップでクラブがあばれないということです。

切り返しをしようとしているのに、クラブが暴れて邪魔しては、ダウンスイングが思うようにできません。

トップが決まれば、思い切ってダウンスイングできるので、慣れて上達してくれば飛距離も必ずアップします。

そして、走ったヘッドはフィニッシュをピタッと収めてくれます。

トップが決まれば、格好いいスイングが完成します。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!