ゴルフスイングのフォローは、打った後のただの惰性ではありません。

フォローで球筋を変えること、フォローからミスショットの原因が分かることもあります。

フォローは打った後なので関係ないように思いますが、ボールコントローが可能なのです。


1. フォローでボールの曲がりをコントロールする方法

これは、ボールを打つ前の素振りの段階で行って下さい。

まず、フック系の球を打ちたい時です。




インパクトの位置から飛球線方向に30cm程先のフォローの位置で、フェースを10度~15度程度閉じます。

さらにフォローの腰の高さで、クラブヘッドのトゥが真上からやや左(11時くらい)を指すようにフェースを閉じます。

この2点に注意しながら、インパクトから腰の高さくらいまでのフォローの素振りを、数回行って下さい。

そしてボールを打って下さい。

スライス系の球を打ちたい時はこの逆です。

30cm先では、フェースを10度から15度開き、腰の高さではトゥが真上からやや右(1時くらい)を指すようにフェースを開きます。

ボールは思ったように曲がったでしょうか。


2.曲がりのミスをなくす

これを利用して、曲がりのミスをなくすことも可能です。

ボールが最初まっすぐには飛び出すが、途中から左右どちらかに曲がるという方は、スイング軌道は正しくできています。

問題はフェースの閉じ(開き)具合です。

スライスが出る場合は、フォローでフェースを閉じる素振りを行ってください。

フックが出る場合は、フォローでフェースを開く素振りを行ってください。

ストレートか、今までの逆球に変わるはずです。

上達してくれば、曲がり幅までコントロールすることができます。

曲がり幅は、素振りの時の閉じたり開いたりするフェースの角度で調整できます。

ボールが打った直後から左右どちらかに曲がる場合は、スイング軌道が原因ですが、
もしスイングの軌道が、アウトサイドインで左に飛び出す場合は、フォローでフェースを開く素振りをすれば、左に出て戻ってくる球になりますし、インサイドアウトで右に飛び出す場合は、フォローでフェースが閉じる素振りをすれば、右に出て戻ってくる球になります。

これはゴルフ場でのラウンドで突然やっても、どんな球が出るか分からずスイングするのでなかなか思い切ってできません。

ダフリやトップなどの、別のミスが起こる可能性もあります。

練習場でしっかり練習し、上達してからラウンドで行うようにしてください。

思ったように曲がると、ゴルフが一段と楽しくなります。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!