ゴルフスイングは素振りで作っていくことが重要です。

素振りをする際は、重いクラブで素振りすることをお勧めします。

色々とゴルフ練習器具が販売されていますので、それらを使用してみることも、上達を早めるポイントかもしれませんね。

重い練習器具で素振りをし、その後通常のゴルフクラブで素振りをすると、必ず軽く感じますが、軽い中でもヘッドの重さを感じると思います。

腕だけの力でゴルフクラブを振っていると、ヘッドの重さを感じません。




腕の力が入りすぎていると、手首もガチガチに固まってしまって、インパクト時にクラブヘッドが返ってきません。


1.ヘッドの重さを感じる程度にスイングを

クラブを握る強さは人それぞれでしょうが、力一杯握らなくて大丈夫です。

重要なのは左手の小指、薬指、中指に力を入れ(引っ張っても抜けない程度)後の指はグリップに添える気分程度でいいと思います。

このくらいの力の入れ方で素振りをすれば、クラブヘッドの重さを感じると思います。

もしこれで感じないようであれば、手首が硬くなっていると思います。

ワッグル(手首でクラブを左右に振る)して手首の緊張ととってください。


2.クラブに仕事をしてもらう

コルフクラブのヘッドの重さを感じたら、ハーフスイングでいいのでボールを打ってみてください。

意外とボールは飛んでいきます。

力を入れすぎているスイングよりも、力を抜いてクラブヘッドに仕事をしてもらったスイングの方がボールは綺麗に飛んでいきます。

まずは練習場で、クラブヘッドの重さを感じるスイングで、クラブフェースの真芯でボールをとらえる感覚を身につけてください。

飛距離や方向を気にしないで、ヘッドの重さで振り下ろしてきてインパクトする。

芯に当たるときと、そうでない時の手の感触、ボールにコンタクトした時のヘッドから出る音の違いがわかると思います。

芯に当たっている時は、手に振動はこないしボールもまっすぐ飛んでいると思います。

この感覚を身につけてください。

これがわかればかなり上達してきています。


3.バンカーショット

バンカーショットもクラブヘッドの重さで砂を弾き飛ばすイメージです。

初心者の方は、バンカーに入るとものすごく力んで、腕や手首がガチガチになってスイングしています。

バンカーも同様にクラブの重さを利用して砂を弾きとばせば簡単に脱出できます。

「ダフっていいのだ」と思って、5cm程度ボールの手前からクラブが入っていけば簡単にボールは上がっていきます。

ボジティブシンキングでゴルフをエンジョイしましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!