ゴルフはドライバーに始まりパッティングで終わります。

その過程で、アイアンショットやフェアウェイウッド、ユーティリーティーなどでのショットが入ってきます。

ゴルフスイングの基本は、手打ちにならず腰を回し駒のように回転して打つ事だと思います。
駒は一本の軸を中心にくるくると回ります。

腰の回転で体を回転させれば綺麗なスイングができます。

ではなぜ手打ちのショットではいけないのでしょうか?




手打ちになると、スイングバランスが崩れてしまい、いいショットを打てる確率が減ってしまいます。

ゴルフは確率のスポーツと言えるかもしれません。

1%の確率のショットを打つよりは99%の確率のショットを打つ方が当然スコアはよくなりますよね。

ロングホールの場合3打でグリーンオンさせればパーオンとなり、2パットでPARを取る事ができます。

初心者にありがちなのが、ティーショットのミスをして、ロングだからと確率の低い3Wなどで2ndショットを打ち、またミスをして.

そういう事が連発してスコアをまとめる事に失敗してしまいがちです。

ナイスショットを打てる確率を上げるためにも、腰を回転させ、体の中心で回るイメージの練習をしてください。

確実に手打ちのスイングよりも、腰回転のスイングの方が、ナイスショットがでる確率が上がります。


1.グリーンまでは腰の回転を忘れずに

グリーン上ではパターを使用します。

パターだけは腰の回転をしませんので、パター以外では必ず腰を回転させる駒をイメージしてスイングしてください。

グリーン周りのアプローチでも腰回転は重要です。

よくグリーン周りで、手打ちのスイングをしてチョロやトップなどしている初心者の人を見かけますが、大抵は腰が回転していなく手打ちになっています。


2.腰のストレッチを忘れずに

ゴルフの練習を始める前、コースでスタートする前には必ずストレッチをしてください。

体が固い状態でゴルフをするのは危険ですし、腰が回らず手打ちになりがちです。

特に寒い時期のゴルフの場合、ストレッチをしないでゴルフをすると腰痛になってしまったり、足や腰、背中などつってしまいます。


3.軸

腰回転のスイングができるようになれば、かなり上達したと実感できるはずです。

この回転のスピードも自分の上達スピードに合わせ、回転スピードを上げて行くといいでしょう。

腰の回転スピードが上がれば、自ずとヘッドスピードも上がってきて飛距離も伸びてくると思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!