ゴルフの上達のためには安定したスイングは欠かせないですし、誰もが憧れます。

周りのゴルフ仲間から「いつもスイングが安定しているね」と言われたいものです。

スイングが安定している人は、一体何が違うのでしょうか。


1.技術力はみんなある

スイングが安定している人も、そうでない人も、技術力としては大きな差はありません。

プロ顔負けの目を見張るようなナイスショットを、誰もが経験したことがあると思います。




それがあるからゴルフはやめられない、というゴルファーも多いのではないでしょうか。

ナイスショットが打てるのですから、技術力はあるのです。

でも安定して、それが出ないだけなのです。

ではどうしたら、スイングを安定させることができるのでしょうか。


2. 安定したスイングを得る方法

練習をたくさんされている方には、すでに経験があるかもしれません。

経験が無い方は、やってみて下さい。

スイングする時に、自分の決めたワンポイントやリズムなどあれこれ考えてしまいがちですが、何も考えず縛られているものから開放されたかのようにリラックスしてボールの前にアドレスし、とにかく気持ちよく打つことだけに集中して、感性だけで打ってみてください。

ナイスショットが出ませんでしたか。

お気づきでしょうか。

安定感をなくしているのは、思考の仕業なんです。

あれこれ考えてしまうことが、スイング中のスムーズな動きを邪魔し、上達を妨げています。

ここは飛ばしたいとか、カップに寄せたいとか、池があるとか、同伴者の甘い誘惑の言葉が頭に残って意識してしまったりとか、ボールを打つ時にはいろんな思考が頭をよぎってしまいます。

それを払拭しなければ、安定したスイングは得られません。

払拭するためにはどうしたらいいでしょうか。

それはルーティンです。

安定したスイングを得るためには、ルーティンを確立することが最も効果的です。

まず、番手や振り幅やスイングイメージを、素振りをしながら決めます。

ここも重要です。

これだというものが決まるまで、そして迷いがなくなるまで素振りして下さい。

それが決まったら、ボールの後ろから目標方向を決めます。

続いてボールの前まで行き、アドレスします。

素振りの時に染みこませたスイングの感覚を、体に任せて打ちます。

この間、必ず思考は停止して下さい。

頭を使った時点で、全てが崩れます。

素振りのイメージが出来たら、後はそれをやるだけの流れ作業です。

ボールを打つ時には、毎回この流れを一貫して行います。

そうすることで、余計なことを考えなくなり、安定したスイングがあなたのものになります。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!