みなさんはイップスになったことはあるでしょうか。

私はイップスが起こる原因は、ゴルフのスイングの内ダウンスイングにあると思っているのですが、イップスにならないようにするための防止策について、今回はお話ししたいと思います。


1.イップスの原因

極度の緊張状態で打てなくなるのがイップスですが、例えコンペであっても「極度の」とまではいかないように思います。




しかし、「イップスのような状態」にはなる可能性があり、「のような状態」というのはダウンスイングでマイナスの思考が働き、インパクトがゆるんでショートしてしまうことです。

10フィートを超える高速グリーンのゴルフ場でプレイすることもあるのではないかと思いますが、突然いつもより速いグリーンでプレーすると、カップをオーバーしてしまうことが怖くなり途中から打てなくなってきます。

アドレスやテイクバックでは打とうと決めた振り幅までパターヘッドをあげることができますが、いざダウンスイングに入ると速いイメージが襲いかかり、ブレーキをかけるようにインパクトでゆるんでしまいます。

一旦これが始まると、もう悪循環におちいってしまいます。

練習で上達してきたパッティングは、ここではもう活かせません。

ショートばかり続くと、不甲斐ない気持ちから、次こそはショートしないぞという気持ちになり、今度は逆にテイクバックが大きくなり、「しまった」と思った時にはもう遅いです。

インパクトでまたもゆるんでしまいます。

ゆるんだインパクトのボールは死んだ球となり、転がりも悪くカップには届きません。

また、強く打とうと思ったボールは、例えいつも通り打てたとしても感覚で打っていないので、大オーバーです。

高速グリーンともなればなおさらです。


2.打てなくならないようにするための防止策

普段からパットのリズムを、言葉で作っておくことが大切です。

1・2・3でもチャー・シュー・メンでも、何でもいいです。

振り幅を決めたら、リズムだけを頭の中で唱えて、それをやるだけです。

言葉でのリズムがないと、基準になるものがないので、インパクトでゆるめることに違和感がなくなってしまいます。

言葉でのリズムがあると、1・2・3の「3」でインパクトするようにしておくのであれば、「3」で気持ちよくインパクトを迎えるように打とうとするからです。

また、パットは肩甲骨でストロークしてください。

肩甲骨を使うと、安定したストロークができるというだけでなく、緊張した状態で真っ先に動かなくなるのは小さな筋肉なので、腕よりも肩甲骨でストロークしている方が、インパクトでのゆるみは起こりにくいです。

上達してくればくるほど1打の重みが大きくなるので、これらのことに注意してゴルフをエンジョイしましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!