みなさんはゴルフのダウンスイングの軌道はどのようなイメージを持っているでしょうか。

ダウンスイングの軌道イメージで球筋はもちろん、飛距離も変わってきます。

では、お薦めするイメージをご紹介しましょう。


1.スイングプレーン

テイクバックからトップまで、そしてトップからダウンスイングまでは、ゴルフクラブがスイングプレーンに乗るようにスイングすると良いと言われています。




スイングプレーンとは、アドレスを飛球線後方から見た時に、ボールと肩を結んだ線、そしてボールと手元を結んだ線の間の範囲のことです。

この範囲内で、バックスイングとダウンスイング時にクラブが動くようにするのが良いとされています。

バックスイングは比較的ゆっくりなので、スイングプレーン内に収めることはできると思います。

問題はダウンスイングです。

極端にインサイドから下りると、スイングプレーンの下に外れ、アウトサイドから下りると、上に外れます。

ダウンスイングをスイングプレーンに乗せようと意識すると、腰の回転ができなくなったり、コックがほどけてダフりやすくなることがあります。

ではダウンスイングをスイングプレーンに乗せるには、何に気をつけたら良いのでしょうか。


2.ダウンスイングをスイングプレーンに乗せるためのイメージ

ダウンスイングをスイングプレーンに意識的に乗せようとするのではなくて、スイングの結果乗っていればいいのです。

そのためには、次のようなイメージを持つとその軌道に乗ります。

先ほどお話ししたように、バックスイングではほとんどの方がスイングプレーンに乗せられると思います。

バックスイングがスイングプレーン内に入っていれば、そこからボールまで最短距離でまっすぐ下ろすことができれば、スイングプレーンは外れません。

最短距離を取るにはどういう動きをすればいいのかと言うと、インパクトでの手元の位置は左足股関節前なので、トップの手の位置から、左股関節前まで直線的に一気に下ろせばいいのです。

このイメージで練習し、上達したあなたのスイングを飛球線後方から動画で取ってみて下さい。

スイングプレーンにきれいに収まったスイングが完成しているはずです。

このイメージでダウンスイングすると、ためのあるダウンブローも実現できます。

スイングプレーンに乗ったスイングができると、曲がりの少ない球が打てるようになります。

このイメージで練習し、ゴルフが上達されることを願っています。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!