ゴルフのスイングで、テイクバックからトップまでの間に、肩はどこまで回しているでしょうか。

特に意識されていない方もいらっしゃるかもしれませんが、肩の捻転を意識すると上達のためにいいことがたくさんあります。


1.肩の捻転の度合いとスイング軌道

肩の捻転で意識するのは左肩です。

左肩をどこまで回すかによって、スイング軌道が変わってきます。

バックスイングで左肩は、徐々にあごの下に入っていきます。




トップで左肩が完全にあごの下に来た時、そのトップの位置で飛球線後方に顔を向けると、肩や胸はまっすぐ飛球線後方を向いているか確認してください。

ここまで肩を捻転させていれば、ダウンスイングの軌道はストレートからインサイドでインパクトに向かって入ってきます。

逆に肩の捻転が浅く、トップで左肩があごの下まで入っていない、そしてトップの位置で顔を飛球線後方に向けても、肩や胸はまっすぐ飛球線後方に向けておらず、飛球線後方からやや左を向いているということになると、ダウンスイングの軌道はアウトサイドから入ってきます。

浅い捻転は、スイングテンポの早い人によく見られ、深い捻転はゆっくり上げる人によく見られます。

ゆっくり上げることで、左肩をしっかりあごの下まで入れることができるからです。


2.肩の捻転とスイング軌道のコントロール

これを利用すれば、ミスショットを減らすことができます。

ひっかけに悩まれている方は、アウトサイドインの軌道でフェースが被っていることが原因なので、捻転を深くすることでインサイドアウトの軌道となります。

さらにはフェースが被っているので、右に出て戻ってくるフックやドロー系の球筋になります。

右プッシュのミスに悩まれている方は、インサイドからインパクトを迎え、またフェースが開いています。

このミスでは、捻転が深くならないように気をつけて練習することで、ストレートからフェードの球筋になります。

ショットの時に、ゴルフクラブの芯に当たる確率が悪い方にも、深い捻転をお薦めします。

深い捻転は、トップでの間を作る手助けもするので、最初は慣れないかもしれませんが、ゆっくりしっかり捻転するだけで、なぜか芯に当たるという現象が出るはずです。

そしてタイミングに慣れてくると、思い切って振っていけるようになり、芯をとらえた力強い球になるので、確実に飛距離がアップします。

捻転を深くするだけで、ゴルフ上達へと一歩近づくわけです。

但し、注意が1点あります。

深い捻転を意識すると、トップで上体が起きたり、右腰がスエーする可能性が出てくるので、その点に注意して練習して下さい。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!