ゴルフスイングはで右膝が重要です。

アドレスでは、両膝を適度に上下できるくらいに曲げておくのがいいと思います。

ピーンと突っ張っていては、スムーズなスイングができません。

特に注意して欲しいのが、テークバック時に右膝を曲げないでください。

右膝が下に降りていくと、インパクト時にフェースの入ってくる通り道が下へずれてしまってダフってしまったり、天ぷらになってしまったりと、クラブフェースの芯で捉えることが難しくなります。





1.右膝を意識して

練習場でまず右膝を意識して練習してみてください。

その時に、「右膝が上下しない」「右膝がテークバックで右に流れない」この2つのことを意識してスイングするだけで、ボールの球筋が変わってくると思います。

安定したスイングができるようになれば、安定したボールを打つことができます。

ボールの行方が少々左右にブレたとしても気にしてはいけません。

コースは広いから大丈夫と思ってスイング作りに集中してください。


2.練習することで

ゴルフは練習すればするほど結果がついてきます。

結果がついてこない人は何も考えないでボールをひたすら打っている人だと思います。

これでは上達しません。

右膝を意識した練習も自然と身についてくれば、意識しなくても膝の使い方が身についてくると思います。

身についてきたら、ターゲットにどれだけ近づけられるかという練習にしていけばいいでしょう。

なかなか上達しない人は、自分のスイングでどこがいけないのか考えてください。


3.好きな選手の真似をする

ゴルフを上手くなりたい人は、好きな選手をまず見つけることが上達への近道かもしれません。

プロのスイングを真似することで、綺麗なスイングが身につきます。

スイングの真似が上手い人は大抵上級者の方達です。

そこに一歩でも近づくためにもプロのスイングを研究し、自分も同じスイングをやってみるのも一つの手です。

その際に男子プロのスイングを真似するのは初心者の方には難しいと思います。

女子プロのスイングを真似することにより綺麗なスイングが出来上がると思います。

プロのスイングで右膝が前後左右に動いている人はまずいないのでよく注意してみてください。

右膝が動いてはいけないのですが、ガッチガチに固めるのもダメです。

適度に上下する程度の遊びは必要なので、アドレスでつま先体重にして上下に多少動く程度の力の入れ具合でいいと思います。

ぜひ右膝にも注意をして練習してみてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!