ゴルフスイングで右半身がとても重要な動きをします。(右利きの方の場合ですが)

テークバックは右サイドにクラブを持っていき、この時も右肘や右脇など注意するもポイントがあります。

ゴルフスイングでは右肩も重要なポイントの一つです。

普通の人の場合、そんなに両手の長さに差がありませんよね。

それなのにゴルフクラブは、左手の下に右手を納めます。

アドレスでボールとクラブフェースが自分より遠くにありすぎると、腕をたくさん伸ばさなければなりません。




そうなると、左手より遠くにある右手は届かなくなります。

その時に右肩が前に出て来てしまいます。

右肩が前に出ているまま、テークバックをするとアウトサイドに上がっていってしまいます。
右脇もあき、右肘も前に出ていきます。

まさに曲がりますよーというスイングになってしまいます。


1.アドレス時に必ず確認

私は必ず、アドレス時に「右肩でしゃばるな」と心の中で声を発し、右肩を見るようにしています。

何をやってもスライスしている時に、友達に「右肩が前に出てるよ」と言われたことがきっかけです。

どうしても飛ばそう飛ばそうと思ってしまうのがドライバーショットですよね。

ボールは飛んでもどこに飛んでいくのか不安です。

その不安を打ち消すためにも右肩のでしゃばりは禁物なのです。

この掛け声をするようになってからは、スライスのボールがあまり出なくなりました。


2.スイングは肩肘脇

初心者の方は、アドレス時に右肩、右脇、右肘と上から下へチェックしていくといいかもしれませんね。

アドレスでのチェックポイントを少なくするのも上達するポイントです。

色々と注意しなければいけないのですが、あまりに多くのことを注意してしまうと返ってミスにつながります。

多くて3つくらいのチェックポイントを見つけ、アドレス前に必ずそこを確認した素振りをしてから始動する。

このルーティーンを行うことで、気持ちも落ち着いてボールを打つことができると思います。


3.アドレスしたらすぐに打つ

チェックが終わったら、アドレスを取り、そこからはあまり時間をかけずに始動してください。

アドレスで固まってしまうと、まずタイミングが取りづらくなります。

せっかく素振りでタイミングを体に覚え込ませているのに、静止している時間が経てば経つほど体から抜けていってしまいます。

これはパターも同様でセットしたらすぐに打った方が、結果は良いです。

余計な情報が頭の中に入ってくると、スイングがバラバラになってしまいますので注意してください。

アドレスから始動までの時間も気にしながら練習することも上達するポイントになると思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!