ゴルフのスイングで芯に当てて飛距離を出す事やまっすぐ飛ばすことが大事なポイントと言えますが、スイングの顔の向きもとても重要です。

多くの人が顔の向きなど関係ないと思っているポイントですが、飛距離や上達に大きく関わってくる事と言えます。


1.スライスは顔の向きで直る

ゴルフの練習場や本番のコースでスイングを見るとフックよりもスライスを連発する人が多いと言えます。




スライスの球筋が顕著になるドライバーのスライスでの悩みがあるゴルファーが多く、ゴルフクラブの進化からフック気味に調節できるドライバーも開発されています。

そのようなドライバーを使う事で、スライスの症状も若干治まりますが、根本的な可決にはなっていないと言えます。

スライス改善のためには顔の向きであり、スライスを改善するためにアドレスで目線はボールの右側面を見たまま顔を少し右に向けてフォロースルーまで顔の向きをキープする事です。

その時に修正する部分として顔を右に向ける事です。

顔を右に向ける事で、右肩が少し後ろになりますが、ドライバーショットはボールを左足かかとの延長線上に置く事が一般的であり、どうしてもクラブを構えたときの手や腕が左寄りになります。

初心者ゴルファーの場合には、手や腕が左寄りになった途端に右肩が突っ込んで体が開いてしまい、アドレス時から体が開き気味になるので、スライス打球を打つ準備をしている事になります。

インパクトからフォロースルーにかけてを顔を右に向ける事を維持する事が出来れば、ハンドファーストになりにくくボールがつかまりやすくなります。

結果的にプッシュスライスのミスは軽減して球筋もスライスでは無くなります。


2.バックスイングでの顔の向き

アドレスの段階では、顔はボールの方向を向いていると思いますが、バックスイングでは、右に若干傾いた背骨の角度はそのままで身体を背骨の軸を中心に右に回転させることが良いです。

大事なことは、顔の向きとしてしっかりとボールを見る事が大事です。

ボールから目を離すと身体が右に流れてしまい、リバースピボットの原因になる事もあります。

ボールから目を離さずにバックスイングで顔が右を向くようにしてみると身体を深く回転させることが出来るようになるので、飛距離も安定します。


3.インパクトで頭を残す事

ゴルフスイングではインパクトで頭を残すことが大事であることは有名です。

頭と言うよりも顔の向きを意識してあげる事が上手く頭を残せることが可能になります。

インパクトでも顔が右斜め前を向いているような意識でボールを打つことが良いと言えます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!