ゴルフはクラブを握ってスイングします。

ゴルフスイング中腕は棒のようにまっすぐ上げて、まっすぐ下ろすだけでは球に充分な力が加わらずどんなクラブを使っても距離にあまり差が出てきません。

初心者の多くが、どんなクラブを使用しても距離が変わらないと感じる時がくると思います。

コッキングをしていない事が原因と思われます。

コックを覚えるとかなり距離が出てくるので、上達した気分になれます。

ではどのようにコッキングをしていけばいいのでしょうか。

コッキングは鞭を打つイメージです。




鞭を、手首を使って「ばちん」と地面に当てるとすると、鞭が波打ちますよね。

その時の手首の使い方がコッキングに似ています。


1.ワッグルで手首を使う練習を

まず初めに、クラブを体の正面で握り、左右にクラブを振って見ます。

その時に、体を動かさず手首だけで左右に振って見てください。

この練習がワッグルと言います。

ワッグルは通常ティーショット時に手首の緊張を解くためにやるのですが、コッキングの練習にもなると思います。

なんだか複雑のようですが、スイング中に手首を右に曲げることをコッキングと言います。


2.インパクト前で手首を解放

テークバックをコッキングしながらはじめ、インパクト直前でコッキングを解放します。
解放と言ってもよくわからないですね。

コッキングし右に曲げたクラブをインパクト直前に左に戻して上げてください。

自然とコッキングが解放されて以前より飛距離が出ていると思います。

左に戻していることで、自然とクラブフェースが開いた状態から閉じた状態になり、球を捕まえていきます。

コッキングで注意して欲しいのが、アイアンとドライバーではコッキングの始まりに違いがあります。

アイアンショットの場合は、スイングの始動からコックを始めていきますが、ドライバーショットの場合はコックの始動は、30cmくらい平行にテークバックしてからコッキングを始めてください。

ゴルフスイングは円を描いていくスイングになります。

ドライバーのスイングとアイアンのスイングではこの円の大きさが違います。

ドライバーなど長いクラブのスイングはショートアイアンの円より大きな円を描かなければいけません。


3.長いクラブは大きな円を

ドライバーなど長いクラブを使用するときは、大きな円を描くために、まず30cmくらいはまっすぐに後ろに引いていきます。

30cm引いたくらいからコッキングを開始してください。

コッキングを解放させるポイントはアイアンショットの時と同じで構いません。

長いクラブでコッキングをすぐに始めてしまうと、「天ぷら」という現象になってしまい、球が真上の方向に飛び出してしまい悲しい結果になってしまいます。

また、長いクラブになればなるほど飛ばしたい気持ちが出てしまいますが、そこはグッと抑えて、いつもよりゆっくりスイングすることを心がけましょう。

心の抑えが体の抑えにつながり、上達につながると思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!