ゴルフは、奥深いスポーツですが、スイングの中にはバックスピンをかける事も出来ます。

バックスピンはアプローチショットなどで多く利用されているテクニックで上達するには、バックスピンの理解と練習が必要になります。


1.ゴルフのバックスピンとは

バックスピンは、ボールの飛ぶ方向とは逆向きにかかるボールの回転の事ですが、バックスピンが強くかかると、ボールが高く飛ぶという特徴があります。

バックスピンが強い事で、ボールが上がり過ぎるので、飛距離が落ちてしまいます。




基本的にバックスピンを強くかけるのは、アプローチショットの時で、バックスピンの強いボールがグリーンに乗ると、グリーンに落ちてピタリと止まる、グリーンに落ちてから弾道とは逆向きに戻る現象が起きます。

レベルの高いゴルファー程にスピン量を調整するのが上手くいので、ドライバーの時はスピンを抑えめに、アプローチの時は強めにと調整することが出来ます。

スピン量の調整は、経験が必要であり、初中級者が意図的にバックスピンを行うのは難しいですが、バックスピンの強弱はその人のスイングではなく状況に左右されやすいものです。

プロでも意図的にバックスピンをかけているのではなく、いつも通りのスイングをした結果でバックスピンがかかってしまうことも多いと言えます。

バックスピンがかかる要素を理解する事で、誰でも比較的バックスピンをかけやすくなります。


2.クラブの芯でボールの芯を打つ

スピンしやすくするためのクラブとボールを使っても、正しくショット出来なければ、バックスピンを強くする事は出来ないと言えます。

クラブは、芯で打った時に最もスイングのパワーを効率的になるように作られています。

ボールも同じであり芯でショットする事で、ボールが持つ反発力が最大限に作用するので、クラブの芯でボールの芯を打つことが出来れば、バックスピン量を格段に増やせると言えます。


3.バックスピンをかけるダウンブロー

バックスピンをかけやすくするスイングとして、ダウンブローがあります。

ダウンブローは、クラブヘッドが最下点に達する前のヘッドが下降を続けている最中にボールを捉えることをいいます。

ダウンブローで打つコツとしては、アドレス時左右均等に体重をかける、腰を固定する、顔を固定する、ハンドファーストを意識する事が大事になります。

アドレスの際には、左右の足の土踏まずに体重をかけて重心が均等になる様にすることがポイントです。

バックスピンのスイングのダウンブローで大切な事は、ハンドファーストで打つ事です。

ハンドファーストは、ヘッドよりも手が先行する打ち方の事で、インパクトの際に手元を左足の外側に押し出す感覚を身につける事がコツと言えます。


4.バックスピンがかかりやすくなる道具

スピンがかかりやすいかどうかは、道具に大きく影響されますが、スイングも大事ですが、バックスピンをかけたい場合はスピンしやすいボールとクラブを使うと良いです。

ボールは、スピン系として販売されているボールを使うと良いです。

クラブは、フェースがノーメッキになっているものを使用して、メッキ加工がされているものであれば、ボールの回転が落ちてしまい易いです。

ロフト角が大きい物のほうが、バックスピンをかけやすくなり、ロフト角が大きいほど摩擦力が強くなるので、スピンもよりかかり易くなると言えます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!