ゴルフスイングで、オーバースイングの人がいます。

しっかりしたスタンスをとって、思いっきりクラブを振り上げて、クラブが垂直に立って、自分の体に当たるくらい、大きく振りかぶるゴルファーもいます。

女子プロの中には、このオーバースイングから、ナイスショットを打ち続ける人も見かけます。

一見、大変豪快なスイングにも見えますが、アマチュアゴルファーの常識からすると、良くないとも言われます。

この、オーバースイングとは、どんな振り方で、具体的にどんな問題があるのか、この章では明らかにしていきましょう。




アマチュアゴルファーが陥りやすい、動作について解析して、ゴルフの上達に活かしていきたいと思います。


1.オーバースイングとは何か

まず、オーバースイングとは、どんな状態をいうのか明確にしていきましょう。

簡単に言えば、バックスイングの際に、深く振りかぶってしまう事を言います。

その結果、形としては、

(1)クラブヘッドが真下を向いてしまう。

(2)クラブシャフトがトップの時に、地面と平行とならず、ヘッドの方が大きく下がっている。

(3)トップの時の手の位置が頭の真上になっている。

一見豪快に、振りかぶっている形ですね。

すごく、力強く、飛距離の出るスイングに見えます。

しかし、女子プロは、素晴らしいボールとなり、アマチュアはミスショットになりやすい。

この違いは何でしょうか。


1.オーバースイングがミスショットになりやすい理由

オーバースイングが、アマチュアゴルファーに良くないと言われるのは、以下の理由からのようです。

(1)オーバースイングをするときは、力みが入っていることが多く、ボールが捕まらず、正確なインパクトが出来ない。

(2)スイング軌道が安定しない。

(3)再現性が低くなる。

つまり、しっかりしたスタンスをとっても、力任せになり、クラブに振り回されて、軌道をコントロールできなくなることが、問題なのでしょう。

やはり、アマチュアはコンパクトなスイングを作るのが、いいようですね。


2.女子プロのオーバースイングとは

 
それでは、オーバースイングでもしっかり打てる女子プロは、どうしているのでしょう。

男子プロに比べると非力な女子プロは、飛距離を出そうとすると、オーバースイングを利用する場合があります。

それにより、ベッドスピード上げ、スイングリズムを作ることも出来ます。

そんなスイングを作るためには、以下の事に気を付けなければなりません。

(1)しっかりとしたスタンスを取り、体の軸を崩さないようにする。

(2)しっかりと上半身の捻転を行う。

(3)自分のリズムが出来ていて、崩れることは無いようにする。

(4)体が柔らかいため、自然にオーバースイングになる人もいる。

相当の練習ができる人は、アマチュアでも、チャレンジしてもいいですが、まずはコンパクトに打てるスイングづくりの方が、上達の早道のような気がします。

もちろん、そこまで行くには、相当の練習を積んでいて、一朝一夕にはできないでしょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!