ゴルフの練習では、何度も「肩の回転」「腰の使い方」が登場します。

ナイスショットのために、ゴルフの動作は正しく体を使うことだけを練習していると言っても過言ではありません。

例えばダウンスイングでは、どこに意識を置いて行うべきでしょうか。

ダウンスイングはただクラブを下ろすだけではありません。力で振り抜くだけでもありません。

ダウンスイングで一番重要なのは、やはり、肩の回転と腰の使い方です。

重要だと言われてもなかなか体現できないのがゴルフの難しいところですが、

ゴルフ上達のために、肩の回転と腰の使い方をここでもう一度しっかり復習して、正しいダウンスイングができるようになりましょう。




今回は「ダウンスイングの肩の回転と腰の使い方・ゴルフが上達する練習」をご紹介します。


1.まずは肩の回転を実感しましょう

両足を肩幅くらいに広げて立ちます。

両肩にゴルフクラブを一本横にして担ぎます。
アドレスして前傾姿勢になります。

膝を柔らかく保ちながら軽く曲げて立ちます。

右肩を少し下げて、左肩を少し上げます。

ここから背骨を軸に、肩を左に右にと肩の回転運動をやってみましょう。

軽く肩の回転運動をした後、バックスイングのように肩を動かし、ダウンスイング・フォロースルー・フィニッシュと肩を動かしていきます。

頭は若干動くかもしれませんが、大きく動かないように、首からすぐ下の背骨の軸をしっかり意識して回すようにしてください。


2.次に腰を意識してみましょう

次に腰の使い方に注目します。

バックスイングの肩の回転をする際、肩にだけ意識を集中せず、前傾姿勢をとっている骨盤を意識してみましょう。

前傾姿勢では背中を曲げず、まっすぐ前傾させるように気をつけましょう。


3.骨盤の上、ベルトラインを中心に回転させていますか?

とにかく体の真ん中をしっかり意識しましょう。そこが軸です。

回転するのは腰と肩なので、肩幅くらいの広さを取ったスタンスをしっかり保ち、回転を意識しましょう。


4.体重移動も同時に体感して動く

バックスイングの際、体を右に回転させますが、右に体重をかけているのを実感できるでしょうか。

しっかり右骨盤・右膝に体重をかけましょう。踏み込んで、右の骨盤・右膝に重みを感じましょう。

ここでしっかりと骨盤に体重を入れ込むように意識します。

下半身リードの動きなので、肩の回転よりも先にしっかり右足を踏み込んで体重を骨盤に入れます。

この腰の使い方をしっかり行うようにします。肩は後からついていくように動いていきます。

ダウンスイングではこの肩の回転と腰の使い方をしっかりと身につけるように練習しましょう。

同じことを繰り返し書いているようですが、それくらいこの動きは基本であり、重要です。

ゴルフの上達はこの動きにかかっていると言ってもいいでしょう。

ダウンスイングで肩や腰をうまく回転させないと、どうしても手打ちになってしまい、持っている力のほとんどをボールに伝えることなくフィニッシュしてしまいます。

多くの人がゴルフの飛距離は力だと思っているようですが、そんなことはありません。

どんなに華奢な体でも、体を上手に動かしクラブの性能を出すことができれば、驚くほど強く飛距離のあるボールを打ち出すことが可能です。

捻転と遠心力の力を効率ボールに伝えることができるようになると、まっすぐで力強いボールを飛ばすことができます。

肩の回転・腰の回転・重心の移し方はしっかりと練習しておけば、誰よりも早く上達できるので、頑張ってください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!