ゴルフ上達を目指して、毎日練習を欠かさず行っている・レッスンプロについてレッスンを受けているのに…いろいろな練習方法を行っても、なんだかバックスイングが良くない・軌道が安定しないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アナタのバックスイングが安定しない理由はなんでしょうか?

今回は「アナタのバックスイングが安定しない理由・ゴルフが上達する練習メニュー」を考えます。

ゴルフのバックスイングが安定すれば、また一つあなたのゴルフが上達したことになります。頑張って練習していきましょう。





1.バックスイングが安定しない理由

バックスイングが安定しない理由で良く言われるのは、バックスイング時に手に力が入り過ぎているという点が挙げられます。

よく「手の力を抜いて」「軽く持って」と言われますが、初心者のうちは、つい無意識でも強く握ってしまっています。

軽く持つという力を例えるなら、軽い握手くらいの握力です。

ゴルフを習い始めた頃、レッスンプロに握手で教えてもらったときは、あまりにもうっすらと軽い握手で握力を全く感じず、ただ触れている程度だったことに驚いたことがあります。

当時の私はいつもギュッとクラブを握ってしまい、手の平にマメがよく出来ました。これではいつまでもバックスイングは安定しません。

力を抜いてクラブを握るというのはなかなか難しく、また力を抜くのに特別な方法はないので、何度も練習して体に覚えさせるしかないようです。


2.バックスイングでは手で上げていくのではなく、体で上げていく

手打ちを手打ちだと気づいていないアマチュアゴルファーは私を含めてとても多いと思います。

プロの動作を見よう見まねで練習しても、体が捻転していない手打ちの状態で、一生懸命同じスイングを繰り返す方がとても多いです。

バックスイングは腕が上がっているように見えて、実は上半身をしっかり捻転させています。

腕は体にくっついて上がっているだけで、腕を上げようとして上がっているわけではないのです。

このことをしっかり理解して、上半身を捻転させて下半身から踏み込む練習をしていきましょう。

そのためには、腕をしっかり上げようという意識はしばらく忘れるように心がけましょう。


3.正しいグリップ

グリップが間違っている場合は、コックもこねくり回しているような感じになり、適切なコックができません。

グリップを再度確認してみましょう。
正しくグリップしていれば、正しい向きにコックできます。

また、コックをいつ入れるかどうか、という問題がありますが、これはバックスイングの際に、右足右股関節に体重をかけている状態でコックを入れると良いでしょう。

ただし、「これが絶対」というタイミングは、コックにはないようです。

正しいグリップをしていれば、コックはご自身にとって良いタイミングで入れても構いません。

振って打つだけといっても、ゴルフの動作は体の動かし方をたくさん詰め込んでいます。

少しずつコツを得て上達を目指しましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!