ゴルフで、フェードを打ちたいけれど飛距離が落ちるから、出来るだけフェードは打ちたくないという人がいます。

しかし、ショットにはパワーフェードショットといわれるショットがあって、フェードショットでありながら飛距離が落ちないショットがあります。


1.フェードで飛距離が落ちるわけ

ゴルフでのティーショットで、飛距離が伸びるのはなぜでしょうか。

それは、ドライバーというクラブの性質もありますが、ボールの回転がバックスピンがかかっているからと言われています。




つまり、バックスピンがあることで、空気抵抗が弱くなり、また空気の抵抗をも推進力としてボールを上方と前方へ進ませる力に空気抵抗を変換していくことから、飛距離が伸びると言われています。

一方、フェードショットは真っ直ぐに飛ばしたときよりも、飛距離が落ちると言われています。

それは、同じ力で打ったとしても、フェードショットは、打ち出された方向は左方向に飛び、その後右方向へ曲がっていくショットですから、単純に遠回りしていることもあって、飛距離が落ちると言われています。

また、それだけでなくフェードの場合には、左方向に打ち出された後、右方向に曲がっていかなければならないので、ボールの回転が単純な縦のバックスピンではなく、回転の軌道・軸がずれていることもありサイドのスピンがかかることとなり、真っ直ぐに打つ場合よりも回転で前方だけでなく、右に曲がる推進力に変えることから、スピンによる飛距離の向上がなく、飛距離が落ちると言われています。


2.パワーフェードを使って飛距離不足を解決

フェードで打ちたいけれど、飛距離も確保したいというゴルファーのために、パワーフェードというショットがあります。

パワーフェードは、フェードでありながら、飛距離も出すショットです。

回転のサイドスピンとバックスピンの割合をフェードよりバックスピンが強くなるように欠けることで、フェードでありながら飛距離の出るショットが生まれます。

近年、パワーフェードはプロゴルファーでもコースの中で使われることがあり、それに伴い一般ゴルファーでも打つ人が多くなってきています。


3.パワーフェードの打ち方

パワーフェードは、フェードショットよりも、よりドライバーのヘッドのフェイス部分でボールを擦るような感じで打つことで、パワーフェードとなります。

つまり、飛距離を伸ばしたショットであるからこそ、ボールのスピンが必要になります。

フェードショットにより回転をかけることで、飛距離も伸ばすということです。

しかし、一般的にゴルフコースで使えるようになるまでは、かなりの練習メニューの消化と、上達が必要です。

繰り返しパワーフェードを打ってみるという練習メニューを通じて感覚を覚えなければなりません。

あくまでも、ドライバーのヘッド、フェイス部分はフェードと同じでより、スイングを擦る感覚、体に巻き込む、包む、被る、このような感覚をおぼえることができれば、パワーフェードを打つコツをつかんだことになります。

パワーフェードを覚えることで、ゴルフはもっと楽しくなります。

そして、コースを有利に展開し、スコアを伸ばすことが可能になるでしょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!