アプローチは基本的にアプローチウェッジやサンドウェッジを使用するのが一般的ですが、ウェッジしか使ってはいけない訳ではないです。

ウェッジはロフトが多いのでボールにスピンがかかりやすいメリットがある反面でボールに対して実際にコンタクトする面積が狭くなるデメリットがあります。

ウェッジよりもアイアンを使って、ボールを転がしてアプローチする事が遥かに簡単で、マスターするとゴルフの上達にも繋がります。





1.ロングパットのような感覚

アプローチでアイアンを使って転がす時には、スタンス幅を狭くしてボール位置を普段より少しだけ右足寄りにして構えます。

スイングは、パターでロングパットを打つイメージで手首をあまり使わずに首の付け根あたりを支点とした肩のストロークで打つ事がコツです。

ロフトが立っているので、打ち出しのボールの勢いは、ウェッジよりも強く小さい振り幅でも遠くまで転がすことができます。

注意点としては、自分で強く当てようとすると転がり過ぎてしまうので注意と言えます。

アイアンで転がすアプローチが有効な状況としては、ボールからグリーン面まで距離があり、途中にバンカーなどのハザードがない場合と言えます。

グリーン面までが上り傾斜になっている場合は、ウェッジではボールが上がりすぎてショートしやすいので、転がしに向いている状況です。

グリーンエッジ付近からのアプローチでもカップの距離がある場合には、アイアンを使って転がすと楽にカップに届かせる事が出来ます。


2.状況次第で7番アイアンが良い

ゴルフをする上で、グリーン周りはグリーンエッジに意外と高い芝が生えていますが、エッジの芝はコースを回る時間対策でエッジを伸ばしています。

初心者がグリーン周りでまごまごしていると時間がかかりスムーズに回ることが困難になってきます。

グリーンから少し離れると状況は、登りでピンはほぼ真ん中であるとクラブは9番アイアンが良いです。

エッジの芝を超えてグリーンにボールを落とすところを決めて、カップがグリーンの真ん中にあるとある程度ボールが転がる計算もしながらグリーンの攻略はボールとカップのほぼ真ん中にボールを落とす事です。

カップまで距離があると7番アイアンで、距離があまりないときはピッチングを使用して、状況に応じてアプローチに使用するクラブを変えると良いです。

アプローチのクラブ選択はボールが落ちてから転がす距離によってクラブを選ぶ事が肝要で、状況判断でクラブ選択が出来るとアプローチは簡単に捉える事が出来ます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!