ゴルフではアプローチの実力がスコアの差になると言われる程に結果を大きく左右します。

1打のミスも致命的になるので緊張も伴い、苦手意識を持っている人も多いと言えます。

アプローチは、アドレスが大事であり、グリーン周りでも余裕を持ってプレーを楽しむことが出来ます。

アプローチの基本的なアドレスの作り方と打ち方をマスターすれば上達にも繋がります。





1.アプローチの基本的なアドレスについて

アプローチの基本となる構え方として、最初のアドレスを正しく作ることがとても重要になります。

グリップする位置はいつもより短く、両方の手がグリップの真ん中にくる程度で持つと良いです。

ボールはスタンスの中央に置きますが、右にボールを置き過ぎるとボールが低く出てランが増えてしまい、左に置き過ぎると逆にボールが高く出てキャリーが増えるので、基本的には中央にセットする事が大事です。

スタンス幅は狭く取る必要がありますが、理由は不必要な体重移動をしないためで、アプローチショットでは余計な体重移動をするとミスショットを招きやすく距離をばらつかせてしまいます。

重心は左右均等にして、アプローチは非常にコンパクトなショットであり、基本的に体重移動の必要がないです。

余計な体重移動は失敗を招く事が多くなるので、均等に重心をかける事が肝要です。

アプローチショットでは安定したボールの高さと一定のスピンを作るためにハンドファーストの構えが大切と言えます。

ハンドファーストは、グリップエンドを左足付け根の真ん中に向けて、左腕とシャフトが一直線になる構えが大事です。


2.アプローチの3種類の球種の打ち方

コース上のアプローチで状況によって球種の引き出しを持っていると良いスコアに繋がると言えます。

ピッチショットは、ボールを上げ落ちてわずかに転がるショットで、バンカーやマウンドを超えたいときに使用します。

ピッチエンドランは、アプローチの最も基本となるショットで、ボールを上げる距離と転がす比率が5対5くらいになります。

ランニングアプローチは、ボールをほとんど上げずに転がしたい時に使うショットです。

ゴルフは転がしが基本であると言われるように、出来る限り転がした方が寄せやすくミスヒットする確率も低くなります。

アプローチショットは、基本的にスコアに直結するコントロールショットなので、緊張と合わせてミスしが出やすいと言えます。

練習も上達には大事ですが、基本を抑えてアプローチの種類なども理解すると良いです。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!