ゴルフのアプローチはとても大事でドライバーで遠くに飛ばしてもパッティングが上手くても、寄せるというアプローチが出来ないとスコアは伸びないと言われています。

アプローチを上手くなるには練習が上達のカギですがポイントを抑えて上げる方法を理解する事が肝要です。


1.バックスイングをアウトサイドに上げるメリット

ゴルフでプロゴルファーが柔らかく上げているのを見るとゆったりとしたスイングが良いかと思いがちですが、インパクトが緩みやすくなり緩めば、高い確率でミスが発生します。




インパクトで緩まないように、バックスイングをアウトサイドに上げて、インパクトではターフを取るくらいのイメージをして鋭くしっかりボールにコンタクトできます。

インサイドに上げるとシャンクが出るので、必ずアウトサイドに上げる必要がありますが、プロのような柔らかいアプローチのスイングではインパクトでのボールへのコンタクトの強さを変える事なので、ゴルフの中でも高等技術と言えます。

ボールへのコンタクトの強さを抑える事でスピンがかかりにくくなるので、ランが出るようになりますが、ランが出る事でカップに入る確率が上がるのでプロはこの技術を使います。

安定したアプローチを望まれるのであれば、バックスイングをアウトサイドに上げる事で、同じリズムでインパクト時の当たりの強さを一定にする必要があり、イメージした距離感とスピン量が出る事からカップへ寄りやすくなる特徴があります。

アウトサイドインの軌道にすることによるメリットとしては、高くスピンの効いたアプローチが出来る事です。


2.

アプローチでは高く挙げる事も大事ですが、特にバンカーを超えたい場合やグリーンが下っていて、ピンが近い場合にボールを上げる必要があります。

スイングの幅が大きくなるほどにミスショットの可能性が大きくなります。

アプローチの用のクラブは、普通に打てば高く上がる設計ですが、ロブショットのような高いボールは、転がりを最小限に防ぐ事からボールを高く上げる必要があります。

ボールを高く上げるためのポイントとしては、右手をどう使うかでありアドレスでは、フェイス面をオープンにして構えて右手を被せてグリップします。

右手を被せる理由としては、インパクトをフェイス面が開いた状態で迎えた後もフォロースルーで、フェイス面がオープンになるようにする為です。

練習が必要になりますが、マスターすると高くて止まるボールが打てるようになり、ゴルファーが憧れるショットと言えます。

高いボールを打つためには、ボールをセットする位置が重要で、いつもの位置よりも左サイドにボールをセットする事が必要です。

手首よりもボールとクラブヘッドが左サイドにくるようにセットして体重配分としては、若干右足に荷重して身体の回転を止めないようにスイングします。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!