ゴルフのスコアアップに欠かせないアプローチですが、上達するには安定させてアプローチを打つことが出来るかがポイントと言えます。

ゴルフではコースによって状況が大きく異なるので、臨機応変に対応して安定のショットを打つことが大事です。


1.スイングを安定させるアドレスのコツ

ゴルフでトップやダフりなく、アプロ—チショットを思い通りに打つには、打つときの軸の安定が非常に大事と言えます。




アプローチでは、アドレスを構えた状態からフィニッシュまで可能な限り下半身は動かさないのが理想と言われています。

ショットがトップやダフリになる原因の殆どが、下半身が安定していない事の上下左右の体のブレからきています。

右利き右打ちのゴルファーの場合には、統計的に軸を左足に持っていく方が理想的ですが、絶対左足にしなければならない訳でもありません。

右足軸アプローチの方が安定して、しっくりくるゴルファーもいるので人によって異なるので、自分に合った方を選択する事が大事です。

軸を固定するコツとしては、腰を少しだけ左足側に乗せてみると良いです。

体重が多く乗っていることが実感出来るので、スイングの最後まで左足を動かさないように注意して、この状態を作れればアプローチに大切な安定性が向上します。


2.アプローチの体重移動の際の注意点

体重移動する時に注意する事として、頭も一緒に移動してしまうことです。

頭は移動させずに基本的に腰だけを乗せ体重を移動させると良いです。

プロの様な安定したアプローチを打つことが可能になるので、頭の片隅に入れて意識しながら練習すると良いです。

感覚をつかむ練習法としては、右足を浮かせてクラブを振ってみると良いです。

フラフラするかもしれないですが問題はなく、大事な事は左側に体重が乗っているのを感じることです。

感覚がつかめたら普段のアドレスに戻してイメージを持ったままスイングすると良いです。

しっかりスイングが出来る事で、下半身が安定したアプローチが打てるようになります。


3.アプローチショットのグリップ

安定したゴルフのアプローチを可能にするために、グリップにも基本を大切にして行う事が大事です。

通常のゴルフスイングのグリップと同じで基本通りのフィンガーグリップが良いです。

左手は指3本で右手は指2本だけで軽く握ると考えて、ゴルフクラブを指でコントロールしないので、親指と人差し指に力は入れない事です。

親指はゴルフクラブのグリップの真上に来ないので、意識すると良いです。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!