アプローチをする時に寄せる距離はコースや飛ばした距離によって大きく異なります。

ゴルフのアプローチを正確に行うためには腕の動かし方が大事になります。


1.アプローチでの腕の動かし方

アプローチショットは、クラブのリーディングエッジが地面に当たるように打つのではなく、ソールのバウンスを上手く使って、ヘッドが少し滑って抜けるように打つ必要があります。

ヘッドが少し滑って抜ける事は、平らな小石を水面に投げて何度も跳ねて飛ばして遊ぶ水切りの要領で一定の角度とスピードがポイントになります。




好ましい肩と腕、手の動かし方をマスターすることがポイントになります。

右肩でボールを打つようなイメージで腕はクラブを落とすだけの意識とコックをリリースすることなく、一定の手首の角度を保つ工夫が大切と言えます。

良くない動きとしては、腕の屈伸によってクラブを持ち上げて落とすという動きです。

左肘を曲げないようにして、左腕を垂直なプレーンの上を動く振り子のように動かすことで、腕の屈伸の動きにはならないと言えます。

腕の動くプレーンとクラブヘッドの動くプレーンは異なりますが、それぞれのプレーンから外れないようすることがポイントです。

手首の動きは使わないという意識をもって手と腕の力を適度に抜いてスイングすることも良いアプローチに繋がります。

トップの切り返しは、手首の僅かなコックが少し入るので、正しい腕とクラブの振り方と言えます。

アプローチでは、大きな筋肉を使ってショットをするのですが、左手の甲がフィニッシュでもターゲットを指すように手首を返さずに腕を出来るだけパッシブにして、クラブのリーディングエッジではなく、ソールの底を芝にぶつけるようにしてやれば良いです。


2.短いアプローチを失敗しないコツ

フルショットは普通に打てるけど30ヤード程度の短めの距離になった途端に、急にトップをやってしまうと悩む人も多いと思います。

その場合は、スイング時の手や腕の使い方を一度見なおす事が大事です。

短いアプローチが上手くいかない人ほど、体を使わずに手や腕だけでクラブを使ってしまっていると言えます。

体に対して手や腕が動きすぎてしまうことで、スイングの軌道が安定しなくなりミスに繋がります。

インパクトが緩みやすくなるので、短い距離のアプローチであるほどに体を使ってスイングすることが大切です。

アプローチでは手や腕を使わないようにした方が、軌道が安定するので、ボールを捉えられるようになります。

手を腕をつかわずにクラブを動かしたほうが軌道が安定して、ミスショットを減らす事が出来ます。

手や腕を動かさないでクラブを動かすコツは2つあり、腕を硬く使う事と、へそを左右に動かすようにスイングする事です。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!