ゴルフではいかにボールをカップに寄せるかというアプローチが大事になると言えます。

アプローチをする場合には、ダフる事をしないように行う事が大事と言えます。

ゴルフの上達にはダフる行為をしないように練習しておく必要があります。


1.インパクトを点で考えるからミスが出る

アプローチのミスを避ける心構えとしては、インパクトを点で捉えないことです。




ボールのある1点に、インパクトをアジャストしようとし過ぎる事から突っ込んだり、浮き上がったりというミスが生じます。

インパクトを点ではなく、長い直線のゾーンで考えることがミスを回避する心構えと言えます。


2.クラブヘッドを体の正面から外さないこと

ダフらない為にボールを点で捉えて、クリーンに当てようとすると、つい小手先に頼ってクラブヘッドが体の正面から外れてしまいます。

テークバックからフォローまで、クラブを体の正面にキープすることが、アプローチの基本です。

体の回転を使って打つことが、長いゾーンでインパクトする第一のポイントとなります。

小さなアプローチでも、足の内側の筋肉を締めて、軸がブレないように安定させることが肝心です。


3.スタンスの中で重心を確実にシフトする

小さな振り幅で、見た目にはわからなくても、ダウンスイングからフォローにかけて、必ず体重は右から左にシフトするものです。

重心のシフトを意識することがヘッドを低く長く運ぶ大きなポイントで、両足をしっかりと締めて軸を安定させた上で、スタンスの幅の中でまっすぐに重心をシフトさせることを意識すると良いです。


4.ヘッドは自然に低く長い軌道を描くと言う事

ヘッドを体の正面に保ち、体の回転を使いながら、なおかつスタンスの幅で体重を右から左にシフトできれば、当然インパクトの前後でヘッドは低く長い軌道を描きます。

インパクトゾーンを長く保つことができれば、多少のブレがあってもトップしたりダフったりという大きなミスには至らないと言えます。

ダフリはアプローチをする時の大きな脅威になるので、出来る限りしないように練習する必要がありますが、意識をしても練習をしてもプレッシャーからダフってしまうこともあります。

アプローチの基本をマスターする事が大事と言えます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!