ゴルフにおいてアプローチをするクラブの中にピッチングが含まれます。

ピッチングウェッジでは、ついやってしまいがちなシャンクやダフりのミスを減らし、ピッチエンドランの形で打つことが大切であり上達には欠かせないと言えます。


1.ピッチングウェッジの特徴

ピッチングウェッジの特徴はロフト角が45度から47度の間狙う飛距離は100ヤード程度の2つがあります。




ピッチングウェッジは、ロフト角は45度から47度の間ですが、ロフト角は45度に近づけば近づくほど飛距離が伸びるため、目安としては100ヤード程度飛び、ウェッジの中でもピッチングウェッジが最も飛ぶクラブとなっています。

飛距離によって変わってきますが、もう少し短い距離の具体的には80ヤード以上で90ヤード以内を狙う場合はアプローチウェッジを、80ヤード以内を狙う場合はサンドウェッジを選ぶと良いです。

ピッチングウェッジは、グリーンやピンなど、狙う場所まで100ヤード程度の場面が最適です。


2.ピッチングウェッジでありがちなミスを減らすコツ

ピッチングウェッジは、シャンクとダフりのミスが出やすいクラブで、バウンスと呼ばれるクラブの先端が地面に刺さりやすいため、クラブが地面に刺さることによって、シャンクやダフりが起こりやすいという特徴があります

シャンクを改善する方法としては、インサイドイン軌道になるように意識することが最適で、シャンクとはクラブでボールを芯で捉えられずネックに当たってしまうことによって右側にボールが飛んで行ってしまうミスですが、ゴルフのスイング軌道を、アウトサイドイン軌道になっていることが原因であるケースが大半です。

アウトサイドイン軌道とはクラブを外から内側へアウトからインへスイングする軌道のことを言います。

このようなスイングをすることで、球筋がスライスしてしまうだけでなくシャンクのミスを生んでしまいがちです。

このシャンクのミスを減らすためにインサイドイン軌道をすることを心掛けると良いです。

ピッチショットは、腕を少し曲げて力を抜いて打つようにして、ダフりのミスはボールを上げようという意識から、すくって打とうとすることによって腕を伸ばすことによって起こります。

このような状態で打ってしまうと脇が開きやすくなりうまくミートすることが出来なくなってしまいます。

うまくミートするためにあまりボールを上げることを意識せず力を抜いて打ち、自然と腕を少し曲がってきます。

腕が少し曲がると脇を締めやすく、ボールがミートしやすくなり、この時ヒジが地面を向いているようにすることもポイントです。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!