ゴルフでアドレスに入ったとき、体重はどこに掛けていますでしょうか。

あまり、意識しないでスイングに入る方も多いと思いますが、理想のアドレスを考えたとき、一度チェックしてみるのも、いいのではないでしょうか。

アドレスが、正しくないと、後のスイングも乱れてしまうかもしれません。

正しいアドレスから、理想のスイングが出来れば、ゴルフの上達の早道かもしれませんよ。





1.ゴルフのアドレスの体重の掛け方について

ゴルフは、二本足で立ってやるスポーツですから、土台である足に、どのように重心がかかっているかは、実は重要な問題です。

土台がしっかりしていなければ、いくら素晴らしいスイングをしようとしても、途中で崩れてしまいます。

それでは、しっかりした土台となる体重の掛け方は、どのようにすればいいのでしょうか。

一般的には、以下の二つの方法があると言われています。

1.足の指の付け根に掛ける。

2.足の裏全体に均等に掛ける。

つまり、つま先に掛けるか、踵を含む全体に掛けるかという事ですね。

この体重の掛け方について、説明していきましょう。


1.足の指の付け根に掛ける

足の指の付け根に体重を掛けるというのは、プロの多くやレッスンプロにも推奨者がいます。

ゴルフでスイングしていると、足の付け根で踏ん張っていることを感じることも多いですね。

足の付け根に、重心を持ってくることにより、体の動きがスムースになるという事だと思われます。


2.足の裏全体に体重を掛ける

現在のゴルフ理論だと、こちらの方が一般的かもしれません。

足の裏全体に体重を感じることにより、土台をしっかりさせて、無駄な動きが防げるという事なのでしょうか。

練習場で試してみると、足の裏全体でアドレスしたときに、ボールが思いのほか飛ぶことを実感したこともあります。

また、足の裏全体の感覚を鋭くすると、コースでの傾斜なども分かって、アドレスやスイングの修正も行えるという事もあります。


3.左右どちらに重心を置くか

上の二つ以外でも、体重の掛け方があります。

それは、左右の体重配分をどちらに置くかという事です。

左右均等に置けという方法もあります。

また、クラブによって違うのですが、ドライバーは右に60%(右利きの場合)を進めるプロもいます。

ミドルアイアンでは、右に55%を進めるプロもいます。

必ずしも、左右均等ではないようですね。

どれを取るかは、自分が試してみて、一番円滑にクラブが振れるものを、選択していく事になります。

綺麗なアドレスは、上達の証になります。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!