ゴルフをずっとやっているても、常に理想的なスイングは、どうするのだろうと考えてしまいます。

その都度、自分のチェックポイントを見つけていって、少しでもいいスイングが出来るように、積み立てていきます。

その中で、思い返してみると、体の使い方で、大変重要なのは、膝だと気づきます。

膝は、体を支える下半身の重要な部位であり、スイングの高さをアジャストするとき使いますね。

膝がふらふら動くと、スイングレベルが安定せず、ボールが正しく飛ばせません。




かといって、膝を完全に固定してしまうと、体を回せなくなり、手のみで打つ、手打ちしかできなくなります。

ボディーターンを上手く使うためには、膝のリードも必要になります。

そう考えると、どのように膝を使ったらいいのか、分からなくなりますね。

特にアドレスでは、どの程度膝を曲げたら、あとのスイングに繋げられるのかが、重要になります。

この章では、アドレスに重要な使用部位である膝の使い方について、考えていきましょう。

膝の使い方をマスターできれば、一段上達したアドレスを、手に入れたことになるかもしれません。


1.ゴルフスイングの膝の使い方

ゴルフスイングに使う膝と言っても、人間には右膝と左膝があります。

この右膝と左膝では、当然使われ方が違います。

各々の膝を、うまく使ったアドレスについて、解説していきましょう。


1.アドレス時の膝の使い方のタイプについて

アドレスの仕方は、各人各様で、膝の使い方も様々ですね。

それは、そのゴルファーの経験の積み重ねによるものと言ってもいいでしょう。

(1)膝を深く曲げるタイプ
どっしりと構えるタイプで、膝をあまり動かさず、スイングするタイプですね。

深すぎると、動きがぎこちなくなるようですので、気を付けましょう。

(2)膝を軽く曲げるタイプ
体を大きく動かすタイプに多いようです。

どちらのタイプにしても、膝のレベルが維持されていて、ショットの時に正確にクラブが、ボールの高さに戻ってくることが大事ですね。

(3)足のつま先に重心のかかるタイプ
これは、結果的に膝の曲げ方は緩くなり、膝がしらを前に出さないように構えると、体が安定して、スムーズなスイングが出来るようになります。

(4)踵側に重心のかかるタイプ
この場合は、深く膝を曲げて、膝がしらを前に出すようにすると、バックスイングがスムースに上がり、ショットが安定します。

アドレスの取り方も、このようにいろいろなタイプに分かれますが、単純に、膝を深く曲げて腰をしっかり落とせと指導しても、(2)や(4)のタイプの人には有効ではありません。

そのゴルファーのアドレス形態を理解して、アドバイスしないと逆効果ですね。

自分はどのタイプが適しているかは、実際にやっみないとわかりませんが、自分のゴルフスタイルを正確に理解するのも、上達には必要な事です。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!