ゴルフのスイングは、アドレスで決まるとも言われています。

確かに、クラブを構えてアドレスを見るだけで、どの程度の腕かは、ある程度判断できるでしょう。

ただ、恰好がいいとか悪いとかではなく、スイングを有効に行うためには、正しいアドレスをしないと、ボールは思うように飛んでくれないでしょう。

それだけ大事なゴルフのアドレスは、どのようにすればいいでしょう。

人の体形それぞれは違いますし、筋力や柔軟性も違います。




そういった個々の違いの中でも、共通するアドレスの在り方を理解できれば、ゴルフ上達に繋がるでしょう。


1.ゴルフの多々しいアドレスの取り方について

それでは、多くのゴルファーに有効なアドレスの形を説明します。

基本的な考え方ですから、それを理解したうえで、自分のスイングに合わせてアレンジすることは可能と思います。


1)正しいアドレスの形

初心者の方は、おどおどして練習場のマットの前に立たれると思います。

体が緊張して、がちがちになっているかもしれません。

それでは、いいショットは打てません。

まず、正しいアドレスの構え方を覚えて、自信をもってスイングに移ってください。

(1)まず、深呼吸を何度か行って、全身から力みを抜きましょう。

(2)体を前に追って、前傾姿勢を取ります。
 
 どの程度前傾するかは、持っているクラブの長さによって違います。

 スイングしたときに、クラブがボールを捉えられると思った位置をキープするように前傾しましょう。

(3)猫背にならないように、胸を張り、背筋を伸ばします。

(4)膝はわずかに曲げて、高さの調整をします。

(5)足の裏全体が、床にかかる様にどっしり構えます。

(6)足の幅は肩幅程度に開いて、体重は左右均等に掛かるようにします。

(7)ボールを体の正面に置き、脇を絞め肘が腰の方向を向くようにします。
 
 肘が開くと、力も入りませんし、軌道も安定しません。  

(8)クラブフェースが打つ方向に水平に向いているように構える。

このとき、クラブのグリップエンドは左股関節を向く様になっているか、確認しましょう。

また、腕がだらんと垂れすぎて、クラブが寝すぎないように気を付けましょう。

クラブが立ちすぎて、前傾が甘くなってもいけません。

十分クラブが触れる、適切な位置を見つけていきましょう。

これは、あくまでもアドレスの基本で、クラブやコースの傾斜等で変化させますが、基本が固まっていないと、調整できません。

これで、あなたもなかなかのゴルファーに見えるはずです。

あとは、ボールをしっかり打って、ゴルフの上達の道を歩みましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!