仕事をしながらゴルフが上達する為に休みの日は練習場に行き練習をします。

プロは練習できるスペースがあれば練習をします。

そこでプロがおすすめする自宅でゴルフが上達する練習方法をご紹介します。


1.素振り

ゴルフの素振りはゴルフスウィングつくりや筋力アップに非常に役に立ち上達します。

グリップを握っている事で感覚も忘れません。

家の庭など自宅で練習をする場合ドライバーが振れるくらいのスペースがあれば問題ないですが出来る限り短いサンドウェッジで素振りをします。

トレーニング用の素振り専用の器具などを使って練習も上達するにはいいです。




その時にはくれぐれも周りの状況を確認して練習をしましょう。


2.アプローチ練習

自宅の部屋や庭でアプローチの練習をします。

本物のボールだと危険な為、練習用のスポンジボールやプラスチックのボールを使う事で飛び過ぎる恐れはありません。

ゴルフショップなどで練習用マットなどが販売されていますが、座布団や毛足の長めのタイルカーペットなどでも大丈夫です。

スポンジゴルフボールは変形しやすいのでインパクトのイメージだけになりますがプラスチックのボールであればインパクトのイメージと方向の確認ができます。

プラスチックのゴルフボールは飛ばないと言っても5mは軽く飛ぶので部屋の中で使用する場合は十分気を付けてください。


3.バンカーショット練習

バンカーショットは公園の砂場で練習するわけにもいきません。

練習場でもなかなかバンカー練習ができるところも少ないです。

そこで座布団でもふかふかの厚みのある物を使用し自宅でバンカー練習をします。

ゴルフボールの下をうまくクラブがすり抜けボールが上がるイメージを覚えます。

フェイスを開きすぎるとだるま落としの様になり、これではバンカーは出ません。

そこそこ飛ばしてください。

座布団でスポンジボールで1mくらいしか飛んでいない場合実際のバンカーだとゴルフボールはバンカーから脱出していません。

ふかふかの座布団ではアプローチなどの練習の時ダフリなどがシビアに出るのでダフリを治す練習にも効果的で上達する助けになります。


4.鏡を利用する

自宅で鏡を使ってアドレスの確認やスウィングの確認をします。

特にアドレス時の前傾姿勢を確認する事が多いです。

鏡にビニールテープを十字に貼りアドレスが真っすぐ立っているかアドレス時の肩のラインは大丈夫かを確認します。

この時に正面から見た時、ビニールテープと肩のラインで左肩より右肩だ下がっているのか確認します。

これはグリップの握りで左手よりも右手が下に持つので当然左肩より右肩が下がります。

もしビニールテープと同じラインで両肩が重なっていれば自然なスウィングは出来ません。


5.パター練習

ここでは距離感よりもストロークの安定性と芯に当てる事を重視に練習をします。

線を引くか長めの差しなどを使用してふらふらしたストロークではなくきちんと同じ様にストロークが出来る様に練習をします。

インパクトのフェイスの向きを確認する方法として煙草の箱や煙草の箱のよく似た箱を利用しインパクトの練習をします。

箱に対して真っすぐにインパクトが出来なければ箱は真っすぐにいきません。

くれぐれも自宅で練習する時は周りの状況を確認し、事故が起こらない様に注意を払い上達する為に練習をしてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!