ゴルフはやっぱりドライバーで飛ばしたいですよね。

ウェイトシフトがバラバラだと距離を出すことができません。

ウェイトシフトを身につければ距離をある程度伸ばすことができると思います。

ウェイトシフトの練習法としては、野球のスイングのように片足を軽く上げて打つ練習をすると、どんな感じでウェイトシフトをしていけばいいのかがわかると思います。


1.テークバックとフォローの重心バランス

テークバックとフォロースイングでは体重バランスが逆になります。




基本はテークバックでは右足重心になり、フォロースルーでは左足体重になるのが基本的なスイングと思います。

ゴルフスイングには絶対はないので、いろいろなパターンの練習をして自分に一番合うバランスを見つけ出すのも、上達のスピードを上げる一つだと思います。

左右の体重バランスを5:5から始め、6:4、7:3など色々試していけがいいと思います。

5:5からテークバックで3:7に持っていくのがいいのか、4:6にするのがいいのか試して見てください。

私は大体、6:4でセットしてテークバックで3:7くらい。

インパクトゾーンで4:6、フォロースルーで7:3が理想として練習しています。


2.理想的なスイングができると

理想的なスイングができるととても気持ちいいです。

かなり上達しないと理想的なスイングができませので、練習が大事です。

理想的を見つけるには、やはりナイスショットをした時の感覚です。

毎回このスイングができないから皆練習するのでしょう。

練習すればそのスイングが自分の体に染み付いてくるので、ナイスショットの確率が上がります。

スイングバランスが整えば、綺麗なスイングになって、周りの人が見ても綺麗で上手い人と思われると思いますよ。


3.ゆっくりスイングでスイングバランスをチェック

ゴルフは焦ってはいけません。

ゴルフ場でのプレーでも、最低でもスタート1時間前までに着くのがマナーですよね。
大体ミスしてしまうアマチュアの多くの人が、飛ばしたいあまり無理に速いスイングをしている人を目にします。

スイングを速くしてもジャストミートできていなければ球は飛ばないです。確かにヘッドスピードが速い方が球は飛びますが多くの人はインパクトの前で最高速が出ているでしょう。

インパクトゾーンで最高速度を出さなければ意味がないので、テークバックはゆっくり上げていいと思います。

左耳で風を切る音を聴くように注意してスイングし、最高速を出すのはフォロースルーになったところでいいです。

右サイドよりも左サイドでスピードを出してください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!