ゴルフのクラブの握り方には、いくつか方法があります。代表的な握り方としては、オーバーラッピンググリップという方法と、インターロッキンググリップの2種類をあげられることがおおいですが、テンフィンガーグリップという握り方も存在します。

テンフィンガーグリップという握りかたは、聞きなれないマイナーな握り方ではありますが、正しいグリップの握り方として認識されています。


1.テンフィンガーグリップの握り方

テンフィンガーグリップの握り方は、至って簡単です。




読んで字のごとく、10本の指でゴルフのクラブを握り締めるだけです。つまり、左手と右手が重なったり被ったり組んだりすることを一切なく、両手でゴルフのクラブを握れば、テンフィンガーグリップの握り方となります。

野球のバットやフィールドホッケーのグリップの方法と同じです。


2.テンフィンガーグリップの特徴

テンフィンガーグリップの握り方の特徴は、何と言っても、右手と左手を重ねる必要がないことから、自然にゴルフのクラブを握ることができます。

そして、初心者やビギナー、まだゴルフを始めて間もない人たちにとっては、違和感なくゴルフのクラブを握れるという特徴があります。

オーバーラッピンググリップやインターロッキンググリップになじめず、どうしても違和感があるという方にはお勧めできる方法です。

しかし、一方でこの握り方をするプレーヤーは、ごく少数に限られています。

その理由は様々あるのですが、右手と左手が重なっていないことから、スイング時に腕が流されてしまい開いて野球の流し打ちのように右方向に打球がスライスしやすくなる可能性があるからです。

両腕を交差させる点があることで、その点を中心に弧を描く運動を行うスイングでは、左右の手が被さらないテンフィンガーグリップは難しいと認識されています。


3.握り方を決めるポイント

オーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、テンフィンガーグリップを含む3つの握り方のうち、どの握り方がもっとも良い握り方であるかの議論は尽きません。

プレーヤー一人一人の打ち方、感覚によって、何が良いかは違ってくるので、自分に合ったグリップ方法を見つけるほか、方法はありません。

しかし、どの握り方でもそんなに大きな違いが感じられない場合には、ゴルフ専門書や入門書でお手本が多く、プロゴルファーもしているオーバーラッピンググリップか、インターロッキンググリップがお勧めです。

テンフィンガーグリップをするプレーやも、多くはオーバーラッピンググリップかインターロッキンググリップを試した後に変更しており、まずは、スタンダードなグリップ方法から試すのが良いかもしれません。

ゴルフは反復による練習メニューの消化と、感覚を体で覚えることで上達します。

ですので、もちろんテンフィンガーグリップであるから、上達できないわけではありません。

テンフィンガーグリップでプレーするプレーヤーからは、飛距離が伸びたということや、方向性が定まったという声もあるので、何が良いグリップ方法であるかは、個人個人によって異なります。

グリップに違和感がある方は、練習メニューを組んで試し、フェイスが開いて方向性が定まらないことがないか、手首の返しが安定しているか、スライスの有無や飛距離を見て、握りかたを決めることが重要です。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!