初心者が出来ていないグリップの握りの強さが挙げられますが、グリップの力の入れ方に上達のコツがあります。


1.右手をしっかり握るという重要性

正しいグリップの握りとして、右手をしっかり握る事は3つのメリットがあります。

インパクトの衝撃に負けないメリットは、ゴルフのインパクトの時は、想像以上に大きなエネルギーが発生します。

ドライバーの場合には、少しでもクラブの芯を外してしまうと、インパクトの衝撃でフェースが開いてしまい、右手をしっかり握っていなければ、衝撃に負けてしまいスライスの球筋になってしまいます。




インパクトの衝撃に負けない準備を右手で作っておく必要があると言えます。

ボールを飛ばすためにスイングプレーンはも重要で、スイングプレーンがぶれるとボールの方向、飛距離も安定しないです。

右手をしっかり握ることで、身体の回転に同調した安定したスイングプレーンが実現するので、ボールをクラブの芯で捉えられる確率が向上するメリットがあります。

パワーをボールに伝える事も右手には多きく関係しています。右利きの人は、左手より右手の力が強いはずです。

なので、右手はパワーで、身体の捻転で作ったパワーを、ボールに効率よく伝えるためには右手をしっかり握る事が大事と言えます。


2.力の入れすぎ注意

グリップをどれだけの強さで握っていますかと言われても、個人差がありすぎて、どれが正解というものはないのです。

プロでも実はそれぞれで指がシャフトに触っているだけという人から、指と指との間にすきまなくしっかり握るという人までいます。

感覚の問題なので、一概には言えないのですが全体的にアマチュアゴルファーは、グリップがルーズになりがちです。

特にインパクト後に、左手首が甲側に折れてしまっている人が多く、これではフェース面が安定しないので、狙ったところに飛びません。

ルーズというのは、力を入れていないという意味ではなくて、むしろ逆であり、力を入れすぎて、余分な事をしてしまっていると言えます。

手首はシャフトと腕をつなぐ蝶番の役割で、固めなくていいです。

何かしようとするから手首が暴れてしまい、力を抜いて振ってやれば手首は暴れずに上手くいきます。


3.指の添えるだけの意識を持つ

まず手首がどんな動きをしているのかを知ることから始めると良いです。

すべての指を強く握るのではなく、グリップで大切なのは左手の3本と右手の中指と薬指です。

そのほかの指はできる限り柔らかく握って、スイングではこの5本を締めて振ってみると良いです。

特に右利きで右打ちの人は、左手の3本の締めが甘くなります。

インパクトでクラブと体の距離を保つためには、この3本が大切であり、フィニッシュまで3本を締めて振りきって見ると良いです。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!