ゴルフをする上では緊張の場面があるものですが、パターやドライバーなど人によって違います。

緊張する場面では、手汗が気になる人もいると思いますが、ゴルフのグリップの手汗を対策しておく事がスコアアップにつながると言えます。


1.手汗対策にグローブ

グリップが滑らないようにするためのものがグローブで、ゴルフをやる人には常識ですが、右利きの場合は左手でグリップを握り、右手は添えるようにします。




左手の握りが重要で、左手にグローブをはめて滑りにくくして、左手に手汗対策用制汗クリームを塗るのが良いと言えます。

プロのゴルファーも普段はグローブをしていなくても雨の日にはグローブをはめることがあります。

雨でグリップが滑らないようにするためであり、手汗で悩む場合にはグローブが重要な存在になります。

汗をかくと、すぐにグローブが汚れてしまいます。

汚れたグローブを使用するのは、気持ちがよいものではなく、雑菌が繁殖してすぐ臭くなります。

天然皮革は洗濯の注意はありますが、合成皮革は耐久性があるため洗濯しやすいので、清潔に保ちやすいです。


2.オススメのゴルフの素材

グローブでも、多くの素材のものがあり、大きく天然皮革と合成皮革に分けられます。

グローブのおすすめ素材は合成皮革であり、雨や汗でも滑りにくいメリットがあります。

汗をたくさんかいてもグローブをしっかりと握ることが出来て、汚れに強く洗濯できる、耐久性が高いといったメリットもあります。


3.手汗とメンタルの関係性

グローブの選びも大事ですが、メンタル面にも意識を向けてみる事が大事です。

ゴルフはメンタルスポーツですが、メンタルを鍛える上で手汗に悩まされなくて済むこともあります。

ゴルフ時は、良いスコアを出そうと緊張してしまい、手汗が酷くならないか不安になってしまう人も多いと思います。

交感神経が活発になりやすいので、深呼吸などをして見てリラックスをしてみると良いです。


4.シンプルにハンドタオルで拭く

ゴルフは、冬場でも少し温かいときは手汗が出てきてしまう事も多いので、年中ハンドタオルを持ち歩く事が良いです。

手汗が気になるときには、ハンドタオルで手汗を拭くこともシンプルに良いです。

ゴルフは、暖かくなってくる春先からは小さなハンドタオルくらいズボンに入れて持ち歩くと良いと言えます。

ハンドタオルやリストバンドで汗を拭く人もゴルファーの中では多いので、自分に合った手汗対策をしておく事が肝要です。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!