ゴルフの中で飛距離を出すドライバーは、良いスコアを出す為に必要な道具と言えます。

しっかりとした飛距離と真っすぐ飛ばす技術を身に付ける上達の道へは、グリップにポイントがあります。


1.左手はストロンググリップがおすすめ

ゴルフでは、飛ばない初心者程、左手をウィークグリップで握っている傾向があります。




クラブが長くなることで遠心力がかかりやすく、ヘッドが大きい事で重心距離が長くなっているのでダウンスイングでヘッドをスクエアに戻すことが短いドライバーより難しくなっていると言えます。

長いクラブを左手主体でスイングすると左脇が開いてしまうので、左肘が引けたスイングでスライスしか出なくなり飛距離も伸びないです。

グリップをストロンググリップに変える事で、スイング中に左脇が締まり、胸の前から手がくる感じになり安定します。


2.グリップの強さはクラブが長いほど弱めに

グリップの強さはゆるく弱めにするのは、有名ですが、実際にゆるめのまま振るのはとても難しいです。

強く握らず、緩く握らないといけない理由を理解しておく必要があります。

上腕に力が入る事で、握っているグリップの運動量が増えて、クラブヘッドの運動量とスピードが落ちてしまいます。

力が入ってヘッドスピードが落ちてしまいますが、緩くグリップを握る事で、クラブのグリップの運動量は小さくなり、クラブヘッドの運動量は大きく早くなります。

ヘッドスピードと言われていて、飛距離を出す為に必要なものであり、ゆるめのグリッププレシャーが重要と言えます。


3.ドライバーの右手のグリップについて

インターロッキンググリップの握りでは、両手の一体感があり、ヘッドスピードの早い人なら問題ないと言えます。

ヘッドスピードと飛距離が不足している人はお勧め出来ないグリップであり、手首が固まりやすいので、柔らかく使う事が出来ないスイングになってしまいます。

人によって好みのグリップは異なりますが、ドライバーであれば普通のアマチュアの男性ならオーバーラッピンググリップが良いと言えます。

極端にヘッドスピードの遅い人や女性であれば、テンフィンガーグリップおすすめです。

グリップは人によって好みが異なるので一概にドライバーのグリップについては、打ちやすいグリップで良いと言えますが、安定しない様であればグリップの矯正をしてみる事をお勧めします。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!