ゴルフは紳士のスポーツとして人気がありますが、飛距離を出す為にグリップを強く握る人が多いと思いますが、握力は基本的にゴルフには必要ないと言えます。

グリップの握り方をマスターする事は、ゴルフの上達のポイントとも言えます。


1.グリップの握りの重要性

ゴルファーはグリップを見ただけで腕前がわかると言われるほどにグリップは大事なポイントとされています。




ゴルフグリップは、プレイヤーとクラブをつないでいる接点であり、グリップが間違っているだけでもボールも思ったように飛ばすことは出来ないです。

握る強さなどのグリップを直すだけで、ボールの曲がりが修正出来たり、飛距離アップが可能になるのでとても重要と言えます。


2.握力は必要ないゴルフのグリップの握り

ゴルフに必要な握力はクラブがすっぽ抜けない程度であるとよく言われているほどに握力はゴルフ上達にはあまり必要ないと言えます。

すっぽ抜けはしないもののインパクトの瞬間にクラブがボールに負けてグリップがずれるように感じる場合は握り方を修正すればよいので、握力がないという問題ではないです。


3.ゴルフのグリップの重要性の理由

ボールが曲がる原因のほとんどは、グリップでありグリップの握り方によって、インパクトの時のフェースの向きに違いが生まれます。

フェースが間違った方向を向いてボールに当たると、いくらスイングの軌道を修正しても、ボールが曲がったりと思い描いたとおりにボールを飛ばすことは出来ません。

いくら練習してもボールが曲がって、トップやダフりが出てしまうときは、最初にグリップを疑ってみると良いです。

グリップを変えるだけで簡単にミスがなくなることはよくあるので、意識して練習すると良いです。


4.適切なグリップの握る強さ

グリップの左右の手10 本の指を同じ強さに握るのが理想と言われていて、同じ強さを意識しないと利き腕のほうに力を入れ過ぎてしまう可能性があります。

多くの方は右手が右腕が利き腕なので、左の中指や薬指、小指の力が弱くなりがちなので、3本の指についてはしっかり持つことを意識してグリップを握ると良いです。

10 本すべての指をバランスよく握ることで、スイング中のフェース面が安定してきますが右手に力が入りすぎるとフェースの向きが崩れるので、ボールが左に曲がりやすくなりますし、逆に左手が強くなりすぎると、右に曲がる原因を作りやすくなるので注意が必要です。

適切な握る力としては、全体的に男性なら握力の10分の3程で、女性なら10分の5程が理想と言えます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!