ゴルフの上達には必要な事として、真っ直ぐに飛ばす事ですが、グリップを矯正する事が大事と言えます。

ゴルフでグリップの矯正はアイテムなどを使用してちゃんとした握り方を身につける方法は良いと言えます。

アイテムを使用する事で自宅で気軽にグリップを矯正する事が出来ます。


1.振るだけで握りを矯正出来る

毎日振るだけで正しいスイングフォームを身に付けることができるトレーニンググラブは気軽に練習する事が出来ます。




握りを矯正出来る理由としては、重量シャフトで腕に負担をかけずに自然に肩に回転軸を身体に意識させることができる設計になっているためと言えます。

矯正グリップで理想の握りを修得できて、クラブ全体が重いことから筋力アップにも繋がります。

練習用にトレーニンググラブを持っているとスイング矯正だけでなく、グリップ矯正や筋力アップと、一本で様々な利用方法が出来る魅力がありますが、毎日続ける事が大事と言えます。


2.飛ばない理由について

ゴルフを行う上で飛距離が出せる事はゴルフの魅力でもあり、良いスコアにも繋がります。

正しいクラブを身に付けたとしても、グリップに余計な力が入っていれば、ボールを上手く遠くに飛ばすことは不可能と言えます。

上達を妨げるグリップの最大の過ちは強く握り過ぎている事は有名ですがそれが飛ばない理由に繋がります。


3.どの指でコントールしているかと言う事

ゴルフは難しいスポーツとも言われていますが、ゴルフ以外のスポーツでも正しいグリップは基本中の基本で、場合によっては矯正する事が必要です。

ゴルフに必要な道具とプレーヤーをつなぐ唯一の接点のグリップですが、その重要性は、高く

多くの人がどの指でコントールしているかと言うと、右打ちの場合は右手の親指と人差し指です。

なので右手の親指と人差し指を意識したグリップに矯正することで、スライスは矯正され、今までよりも強くたくましいショットが打てるようになります。

基本的に正しい理想のゴルフグリップは、右手の親指と人差し指の使い方が最も重要であり上達には矯正が必要と言えます。

ゴルファーの永遠の悩みである力強いインパクトによる飛距離アップと、狙った場所にいつでも打っていける正確なショットと言えます。

ゴルフのスイングにおいて、最も重要なグリップをおろそかにしていては、血のにじむような練習をして超高反発のクラブに買い替えても、理想のショットを打つ事は難しいと言えます。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!