これからゴルフを始める初心者の方、ゴルフの上達を図るにはどうしましょうか。

スポーツの常識からすると、まずは練習ですね。

上級者や専門家について、そのスポーツの基本を学んで、効率的にうまくなっていくというのが、一般的ですね。

ところが、ゴルフの場合、一般的なスポーツの練習の常識が通用しない気がします。

これはゴルフの特殊性によるもので、上達に関わる大きなポイントですね。


1.ゴルフの練習で上手くならない理由

練習してもゴルフが上手くならない理由は、沢山挙げられます。




それを記述しますので、自分に当てはまるか、考えてみてください。

その中から、自分の上達法の方向性が見つけていただけると幸いです。

間違った道を選ぶと、上達も大きな遠回りになると思います。


1)上級者に習ったのに上達しない

良くある話ですが、上級者に教えてもらっても、必ずしも上手くならない事が多いです。

その方は、ゴルフのプレーの上級者であって、ゴルフを教える上級者ではないからです。

その上級者にしか通用しない理論で教えられても、自分には合わないことが多いです。

教え魔が練習などで、大声で後輩に教えていることがありましたが、正しいと納得できたことがありません。

例えば、読書が好きで、国語が得意だった人が、いきなり学校に来て、国語を教えられるでしょうか。

国語の教師は、専門的な教育を受けて、資格を取って初めて、国語を教えることが出来ます。

ゴルフも、簡単なコツならいいのですが、ゴルフの基本を自己流で教えても、習った人は上達しないことが多いでしょう。

習うなら、資格を持ったレッスンプロに習う事をお勧めします。
正しい基本を身に付ければ、スイングが乱れたときでも、基本に戻れます。


2)自分ひとりで練習場に行って球数を打つ

単なる上級者に習う事に抵抗がある人は、ひそかに自分一人で練習に行かれるのではないでしょうか。

一人でもくもくと球を打っている姿を、練習場ではよく見かけます。

初心者で、基本がわからない状態で、球を打って、ナイスショットが出たことを繰り返そうと、ひたすらボールを打ちがちです。

確かに、昔はトラック一杯ボールを打つと、100が切れるかもと言われたこともあります。

私も、自己流をきわめて100切にたどり着いたときに、周りの人にスイングが美しくないと言われました。

また、自分の感覚だけで打っているため、崩れたときの戻し方が分からず悩みました。

上手くなったと感じでも戻ってしまい、いつまでたったもうまくならないことが、悩みになりました。

後年、レッスンプロについたときに、はじめから基本を習っておけばよかったと反省しました。

どんなスポーツも、最初が大事です。

正しい基本を身に着けて、上手くならないと悩むよりも、効率的に上達した方が、楽しいゴルフライフを楽しめると思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!