ゴルフの上達の為に、打ちやすく飛距離の出る素材のフェアウェイウッドを購入したが、打つ度に結果が違う球筋が定まらない事が多いです。

どうすればプロの様に真っすぐにアイアンと同じ様に打てるのかプロも実践しているゴルフのフェアウェイウッドが上達する練習方法をご紹介します。


1.クラブに慣れる

ゴルフの上達の為に、新しいフェアウェイウッドを購入してすぐに結果はプロでも出ません。

プロは先ず球筋よりも打った時の打感や振りやすさというフィーリングを確かめます。

どんなに良いクラブでも自分の感覚に合ってなければ上達の妨げになる為、使わないのです。

先ずは軽く無造作にボールを数球打ちます。




そこでシャフトのしなる感じや左右どちらかに行きやすいのか確認します。

そして低いティーアップで数日練習をします。

これはティーアップをしないで打つ時のプレッシャーを無くして気楽に打つ事で慣れてきます。

どうしてもティーアップなしではフェアウェイウッドはシビアにミスが出る為シビア感を無くして気楽な気持ちで練習をします。

特にゴルフ練習場のマットでの練習は芝の上よりもシビアにミスが出る為ティーアップしたボールを打ちます。

気楽な気持ちで練習する事が上達には大切です。


2.スウィートスポットを確認

フェアウェイウッドでティーアップしたボールを打つ練習をしながらクラブのスウィートスポットを確認します。
・先で打った時の打感や球筋。

・トップ気味に打った時の打感や球筋。

・フェイスの上部で打った時の打感や球筋。

・根っこで打った時の打感や球筋。

これは上達には必要な確認事項なのです。

どこに当たればどんな球筋になるかを知っておく事でクラブの持っている癖を利用して打ちます。

例えば先で打てばフック系の球筋が出ると確認できれば右が危ない時には出来るだけ先で打つ様にします。

トップをしてもボールが上がると確認できればボールを上げたい時の余計な心配がなくなります。

トータル的にはウッド系はやや先の方が飛距離が出ます。


3.スウィングの確認

フェアウェイウッドだからとスウィングを変えたりはしません。

気持ちの中ではどのクラブもすべて同じスウィングを心がけて練習をします。

ここで少し違うのはアドレスの時にフェースをボールの近くにセットしません。

ボールに近づけて構えるとインパクトが点のイメージになりミスが増えます。
ボール1球ほど離して構える事によりヘッドを滑らせて点ではなくゾーンでインパクトをする事が出来ます。

これはほとんどのゴルフクラブに言える事かもしれません。

是非上達ポイントとして試してください。

自分がフェイスの当てたいところに集中する。

ボールに集中するよりもヘッドに集中する方がミート率は上がります。


4.様々な球筋の練習

ある程度ゴルフクラブに慣れてくればフック、スライス、フェード、ドローの様々な球筋の練習をします。

そして購入したゴルフクラブはどの球筋が打ちやすくどの球筋が打ちにくいかを確認します。

ここでアマチュアに多いのが打てない球筋を徹底的に練習しますがプロは何回か練習をして打てない球筋はこのクラブでは打てないと判断をして打てない球筋の練習は上達の妨げになる為しません。

打てる球筋の精度を上げる練習をし上達を目指します。

クラブを購入したら早く結果を求めるのではなく先ずはクラブに慣れる事を意識しプロも実践しているゴルフのフェアウェイウッドが上達する練習方法を参考にして上達してください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!