みなさんがパターを選ぶとき、重さというものを考えているゴルファーはいるでしょうか?

多くのゴルファーはピン型やマレット型などの構えやすさや打ちやすさが良いもの、つまりパターの形というものを重要視しているのではないでしょうか。

パターの形も重要ではありますが、それと同じくらい重要なのがパターの重さというものです。

今回は適切なパターの重さというものについて書いていきたいと思います。


1. パッティングの軌道がブレない重さが適切

パター選びに必要な要素で挙げられることは構えやすさ、形、打感、そして重さです。




構えやすさと形、打感については説明の余地は無くても大丈夫であると思います。

この、構えやすさや形、打感についてはパター選びでゴルファーが大切にしているという話はよく聞きます。

では、パターの重さを重要視しているゴルファーはいるでしょうか?

このことは、あまり聞かないと思います。

さらに、インターネットで調べない限り、ゴルフショップではパターの重さの重量が書いてない場合が多いと思います。

パターの重さというものが重要な理由は、重さが違うとパッティングの軌道が変わってくるからです。

これはパッティングにおいてとても良くないことです。

もし、パターの重さがフィットせず軽すぎた場合はパッティングの軌道がブレてきます。

パッティングの軌道がブレた場合、本来のパターのリズムが崩れ、手だけでパターを操作してしまいやすくなります。

パッティングを手だけで操作することはいうまでもなく、ナンセンスです。

パッティングのリズムが早くなり、引っ掛けが多くなるという面も軽すぎた場合は起こってしまいます。

その結果、ボールが真っ直ぐ転がらなくなり、ショートパットのミスに繋がります。

また、パターが重すぎる場合も最適な重さとはいえません。

重すぎるパターの場合は手だけでパターを扱うことは少なくなり引っ掛けを起こすことは少なくなりますが、ダフりやすさに繋がります。

このように、パター選びで重さというのを軽視した場合、それは最適なパター選択が出来ているとはいえません。

では、どの程度の重さのパターが適切なのでしょうか。

それは、ゴルファーによっても個人差があるので、何グラムとは一概にいえないですが、適切なパターの重さとしての指標はパッティングの軌道がブレないことであり、程よい重さの物です。

パッティングの軌道がブレない重さとは、身体全体を使ってパッティング出来ることです。

そして、先ほども書いたようにパターが重すぎるとダフりに繋がるため、自分がパッティングをして、重いと感じた場合、それはおすすめ出来ません。

パッティングの軌道がブレない、程良い重量感を感じられるパターがあなたに最適なパターです。

その重さをしっかりと見極め、自分にフィットする重さのパターを使うことが出来た場合、あなたはラウンド中に緊張した場合でもしっかりとしたパッティングを出来るとわたしは思います。

是非、自分の適切なパターの重さというのをチェックしてみてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!