みなさんは普段のラウンドでの平均パット数はいくつくらいでしょうか?

パターの感覚を素早く掴むことはパッティングの調子に関わってきます。

そして、その日のパターのタッチや感覚が合わないとパット数がどんどん増え、悪循環に陥ってしまいますよね。

そうならないために、今回はラウンド中でのパターの感覚を素早く掴む方法について書いていきたいと思います。


1. パットの感覚を掴むためにはグリーンをオーバーさせて打つこと

みなさんもゴルフコースによってその日のパットの感覚が合わないときはよくあると思います。




例えば、重く、遅いグリーンの時などは特にそうなのではないでしょうか。

わたしもよく経験があるのですが、ホームのゴルフコースにおいて、普段のグリーンスピードは10.0フィートの状態でラウンドをしています。

そして、わたしもこのグリーンの速さ、硬さに慣れてしまっています。

しかし、それに慣れてしまっていると、いざ違うゴルフ場でラウンドした時にグリーンスピードが8.5フィートなどの遅く、重いグリーンではそのスピード、転がりに適応するのに、時間が掛かってしまいます。

そのような時にわたしはパターの感覚が合わないと感じてしまいます。

多くのゴルファーがこのようにパターの感覚が合わない経験が多少なりともあると思います。

そこで、パターの感覚を掴むためにはどのようにすればよいでしょうか。

それは、ゴルフ場の練習グリーンでしっかりと速さをチェックすることです。

これは、みなさんもラウンド前にやっていることだと思います。

この練習グリーンのチェックはとても大切なことですが、パターの感覚を掴むためにもう一つやらなければいけないことがあり、意識してほしいことがあります。

それは、練習グリーンで必ずオーバーさせて打つことです。

多くのゴルファーのグリーンチェックというのは速さを見て、距離感を合わせるだけになってしまっています。

わたしも以前は距離感を出すための練習だけでしたが、それだとラウンドに出た時に、感覚が合わず、パットがショートすることがとても多かったのです。

距離感を合わせる練習だけでは頭では遅いグリーンだとわかっていても身体の感覚が合わないために、しっかりと打つことが出来ないのです。

しかし、必ずオーバーさせてパット練習をすることにより、グリーンの重さをしっかりと感じることが出来、ラウンド中でもしっかりと強くパッティングすることが出来ます。

これがもし高速グリーンである場合で感覚が合わなかったとしても、練習グリーンでオーバーさせておくと身体がその強さを覚えているためにパターの感覚を素早く掴むことが出来ます。

是非、ゴルファーの中でパターの感覚が合わずに苦労しているのであれば、是非実践してみてください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!