ゴルフとは、様々な種類のクラブを駆使して行うスポーツです。

その中でも特に大切であるのが、パターというものです。パターが少しでも上達すれば、すぐにスコアに表れてくるでしょう。

しかし、みなさんは普段パターに割く練習時間はどれくらいあるでしょうか?

打ちっ放しに比べるとそれほど多くないとわたしは思います。

今回は、初心者ゴルファーがスコアを伸ばすためのパターの打ち方について書いていきたいと思います。


1. パター初心者は真っ直ぐバックスイングする練習をひたすら繰り返すこと

はじめに、初心者に多いパターのミスを書いていきたいと思います。




初心者ゴルファーのパッティングでミスとして挙げられるのは、ダフり、距離感、真っ直ぐ飛ばないということなどがあります。

そして、初心者ゴルファーのパッティングで最も多いミスが打ちたい方向と身体の向きが違い、パッティングの軌道が真っ直ぐにならないということです。

これをしてしまうと、傾斜の読みをしていても真っ直ぐ転がすことが出来ないため、意味が無くなってしまいます。

これが初心者ゴルファーにおいて一番多いミスというものです。

では、どのような打ち方をすればこのようなミスを防ぐことが出来るのでしょうか。

グリーンでボールを真っ直ぐ転がすために必要なことは真っ直ぐバックスイングを引くこと、このことが大切になります。

これがパターで最も基本的なことであり、最も重要でもあります。

真横に線、ラインが付いているパターマットはとても良い練習になります。

ラインが付いているパターマットはそのラインになぞる形でバックスイングをするだけでパッティングの軌道を真っ直ぐにすることが出来ます。

そして、そのときに意識してほしいのがしっかりと身体が開いたり閉じたりしていないかを確認することです。

マットにラインが引いてある状態であれば、身体が多少開いたりしていようが真っ直ぐバックスイングが出来ます。

しかし、ゴルフ場の実際のグリーンではそのラインはありませんので、身体が開いたりしているとバックスイングが真っ直ぐに出来ません。

そのため、ゴルフ場のグリーンでは、身体の向きというものが非常に大切になってきます。

まずは、ライン付きのパターマットで真っ直ぐバックスイングすること、そして身体の向きをラインと平行にすることをひたすら練習してください。

パターマットで真っ直ぐ転がるようになればゴルフ場、ゴルフ練習場にあるパッティンググリーンで転がしてみてください。

そのとき、マットのラインが無いため、普段とは違い身体の向きになってしまったりして戸惑うかもしれません。

そのときは、ボールにラインを書いてみたりすると真っ直ぐバックスイングが出来ると思います。

このボールにラインを書く行為は多くのゴルファーがしていることなので、是非実践してみてください。

まとめると、パッティングで一番大切なことはバックスイングを真っ直ぐにして、真っ直ぐ転がすことです。

この真っ直ぐ転がすことが出来れば1メートルや2メートルのパットが入るようになり、初心者であればスコアのアップにすぐに繋がるとわたしは思います。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!