前回お伝えしたようにゴルフで一番使用するクラブはパターであり、一番多くショットすることになるのがパットです。ワンパットで決められればバーディーやパーを取れますし、スリーパットになるとダブルボギーやトリプルボギーになってしまいます。

今回はゴルフのパット上達の極意をお伝えしていきます。


1.真っすぐ打てるようになる

距離感を掴んでも、ライン通りにボールを打てなければ入りません。距離感だけでは、ほとんどのホールでツーパットということになります。




ゴルフにおいて、ドライバーショットもアイアンショットもパットも基本は真っすぐ打てることです。

真っすぐに打つ練習メニューは自宅で簡単にできます。パターマットを使用することです。真ん中にラインが入っていればなお好都合です。

そのライン通りに打つ練習を繰り返すことで、真っすぐにパットする感覚が身につきます。

まずは真っすぐに打つことを練習する。これがパット上達の極意です。確実にゴルフのスコアはアップします。


2.スイングのコツ

距離感通りに真っすぐに打つ。これを10回試みて10回成功できるようになればパットは名人のレベルですね。

プロでもそう簡単にいかないのは、やはり力加減です。同じ振り幅のつもりでも微妙に力が入ってしまったり、スイングが微妙にずれてスクエアにならなかったりするとホールインしません。

ゴルフのプロでもパタークラブをいろいろ試したり、構えを変えたり、グリップを変えたりと苦心している姿をよく見かけます。それだけパットは絶妙なタッチを要求されるのです。

そう考えるとパットがとても難しいものに感じてしまいますが、最初はシンプルにいきましょう。スイングのコツは頭と下半身を動かさないこと。これがパットの極意です。

他のショットが下半身主導であるのに対して、パットだけは別です。動かさなくていいものは極力動かさない。かと言って手打ちは厳禁です。力加減に頼る結果になります。

動かすのは「肩」だけ。

自宅で練習するときも、「肩だけ動かしてパットする」意識を練習メニューに組み込んでください。パットは肩の動きで振り幅を決めてバックスイングの分だけフォロースイングします。打った後のボールの行方を気にすると頭が動きヘッドアップしますので注意しましょう。パットでもトップやダフリはあります。「ボールが止まるまで頭を動かさない」、ぐらいがちょうどいいかもしれません。

改めてゴルフのパットの極意をまとめると、肩だけを動かし、あとのパーツは不動の状態を保つことです。これが同じリズムで同じ力加減でパットをするコツになります。

パタークラブを変える前にスイングを一度チェックしてみて下さい。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!