ゴルフで1番練習すべきはパターだということを以前お伝えしました。

理由は至極簡単で、ゴルフのラウンドをするとわかるのですが、一番使用するクラブがパターだからです。パターの腕が上達するということは、ゴルフのスコアが確実にアップする結果につながります。

今回はゴルフのパターが上達する練習メニューについてお伝えしていきます。





1.パターは練習すると上達する

当たり前の話ですが、パターの打ち方を難しく感じている方は少ないですし、初心者は特にパットの練習どころではなく、まともにショットができるかが気になり、そちらの練習ばかりをします。これはもったいないです。

絶対に忘れてはいけないことは、パターは練習すれば必ず上達するということです。そして一番簡単に練習できる内容です。下半身の強化だとか、腰の回転のスピードを上げるとか大変なことは要求されません。

むしろ体のほとんどのパーツを停止させることがパター上達のコツです。

一定のリズムで頭を動かさず、膝も動かさず、腕も動かさず、肩の回転だけで打ちます。つまり肩にだけ気をつければ真っすぐな距離にあったパットができるのです。これは自宅でできる毎日の練習メニューにぜひ組み込んでください。

パターマットがあればより練習になります。自宅で距離感、スクエアに打つ練習を積んでください。


2.やや強めに打つ勇気

ゴルフのパットでは、カップに届かなければ絶対に入りません。かと言って強く打ち過ぎると返しのパットも入らずにスリーパットという最悪の結果を招きます。

私は初心者の頃、叔父さんに芝目も読めるようになれとよく言われました。グリーンの芝には順目と逆目があります。順目はボールが転がりやすく、逆目はその逆です。

ボールを後ろから見てラインを探しますが、その時に芝が白っぽく見えたら順目です。思ったりも転がります。逆に緑が強く黒っぽく見えたら逆目ですので、ボールは止まりやすくなります。

後は下りと上りの確認。どっちにどれくらい切れるのかといったラインの確認。あとはすべて計算にいれてパットするだけです。少し強めくらいで調整しましょう。その勇気がパター上達のコツになります。

特に1メートル以内のパットはラインなど気にせず強く真っすぐ打つこと。これでほぼカップインします。1メートル以内のパットを強気で真っすぐ打つ勇気も必要です。

練習場のグリーンがあればこれも練習メニューに加えると、スリーパットは格段に減ります。

以前もお伝えしましたが、パターは距離感にこだわって真っすぐ打つ練習を自宅でするだけで驚くほど上達します。

あとはゴルフ本番のコンディションによりますので、ラウンドの前にはボールを打つとどのくらい速く転がるかは確認して、パットの計算に組み込みましょう。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!