最近のゴルフはプロでもロングアイアンを使用せずユーティリティーを使用する選手が増えています。

ロングアイアンを使用しているプロが実践しているゴルフのロングアイアンが上達する練習方法をご紹介します。


1.ロングアイアンの難しさ

ゴルフのロングアイアンはある程度ヘッドスピードと体力がなければボールは上がらずミドルアイアンと同じ距離しか飛びません。

・ヘッドが小さくスウィートスポットが小さい。

・スウィートスポットが小さい為ミスが出やすい。




・アイアンではシャフトが長い為ミート率が下がる。

・ソールが狭い為ボールが上がりにくい。

・ヘッドスピードが必要。

かなりの集中が必要なクラブになります。


2.ロングアイアンのメリット

1.では難しい事を前提に書きましたがロングアイアンが打てるとメリットもあります。

ロングアイアンのメリットは弾道が強く風に強い事です。

トッププレイヤーはロングアイアンを入れています。

普通のアマチュアの方のドライバーの飛距離をロングアイアンで打ってきます。

それほどパワーがあるという事です。

狭いコースや風が強いコースにはロングアイアンでティーショットをする事で危険を避ける事が出来上達を助けるアイテムとなります。


3.ゴルフクラブ選びと練習方法

ゴルフのロングアイアンを選ぶ時は出来るだけソールの幅が厚いクラブを選ぶ事でボールが上がりやすくなり打ちやすくなります。

ヘッドがキャビティバックのクラブにするとスウィートスポットが若干広くなる為打ちやすくなります。

練習方法は先ず確実にヒットできなければロングアイアンの意味がありません。

ティーアップしたボールを打ち確実にミート出来るように練習をします。

ここでは飛距離よりミート率を優先した練習をします。

初めは少し短く持ち練習をし徐々に通常の長さで練習をします。

ロングアイアンは力めば力むほど当たらなくなります。

ボールを上げようとしたり飛距離を出そうとする動きはロングアイアンにとって上達の妨げになる一番してはならない行為です。


4.ロングアイアンの使い道

ロングアイアンの使い道としてティーショットのみに使用する方法もあります。

ティーアップしたボールであれば幾分打ちやすくなります。

プロでもティーショット専用に2Iを使用する選手もいます。


5.ロングアイアンを使う為の条件

・ヘッドスピードがある。

・スウィング軸が安定している。

・欲張らない。

・使用目的を明確にする。

プロでも難しいロングアイアンですが使い方次第では楽しく上達する武器になります。

プロも実践しているゴルフのロングアイアンが上達する練習方法を参考に上達を目指して頑張ってください。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!