ゴルフの練習で、ドライバーはもちろん、ウッドやユーティリティーをティーアップして練習することはあっても、アイアンをティーアップして練習することはあまりないのではないでしょうか。

アイアンをティーアップして練習することには、とてもいい効果があります。


1. スイングへの効果

アイアンをティーアップして練習することは、特に初心者の方、芯に当たる確率が少ない方にお薦めします。




ティーアップして打つことは、マットの上で直接打つよりも芯に当たる確率が高く、比較的易しくなることはご存知かと思います。

でも、「簡単だから意味がない」とか「どうせアイアンは地面から打つことが多いのだから」と、ティーアップしての練習はしない方が多いです。

アイアンをティーアップして練習することで得られる効果、それは「自信」です。

芯に当たる確率が上がることで、芯をとらえた時の打感、振り抜きの良さが心地良く、身に沁み、スイングに自信が生まれます。

思い切って振りぬくことはスイングにはすごく大事です。

ゴルフをされている方に共通する、ゴルフが好きな理由の一つに、芯をとらえた時の気持ち良さが挙げられると思います。

芯を外した音は気持ちが悪いし、打感も固く、続けていると手がしびれてくることもあります。

そして、芯に当たらないことが続くとその気持ち悪さを恐れて、芯に当てることだけに必死になり、思い切って振れず、スイングにキレが無くなってしまいます。

芯に当たらないスイングを繰り返しても練習にならない、とまでは言いませんが、上達へは遠回りしていると思います。

ティーアップして練習し、自信をつけて下さい。

そして、思い切ったスイング、キレのあるスイングを身に付けて下さい。


2.ショートホールでの効果

アイアンのティーアップしての練習は、ショートホールが苦手な方にもお薦めしたいです。

ゴルフ場に行くと、ショートホールではミドルアイアンからロングアイアンの距離が一番多いと思います。

ユーティリティやウッドを使うショートホールがあるコースは少ないでしょう。

ショートホールでアイアンを使う時は、間違いなくティーアップすると思います。

普段練習場で、マットの上からばかり練習して、ティーアップしての練習をしていないと、ティーアップされたボールに少なからず違和感を感じて、焦りが出てしまい、ミスショットにつながってしまいます。

私がこれをお薦めした方は、ショートホールが苦手な方でしたが、ティーアップして練習するようになって、ティーショットがグリーンに乗る確率が上がったと喜ばれていました。

アイアンのティーアップしての練習は、ショートホールを上達させるとても効果的な方法の一つです。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!