ご自分のアイアンのフェースの角度(ロフト角)が何度なのか、把握しているでしょうか。

番手ごとのフェースの角度を知れば、あなたのゴルフがさらに上達し、クラブ選びも楽しくなるはずです。


1.アイアンのフェースの角度を知ろう

番手ごとのフェースの角度はゴルフメーカによって、さらには品種によって変わってきます。

同じ7番アイアンでも、あるクラブでは30度、あるクラブでは35度です。




1番手分のフェースの角度の差はだいたい4度刻みなので、実に1番手以上の差があります。

うち比べれば当然10ヤード以上の差ができるわけです。

それを知らずクラブを変えると、飛距離が伸びたことを上達していると勘違いしてしまいます。

さらには、仲間内で何番で打ったかと聞くなど無意味なのです。

もし聞くのであれば、何度で打ったかと聞くべきでしょう。

7番で30度のようなクラブを、ストロングロフトのクラブという言い方をします。

近年発売されているクラブで、易しいクラブと言われるクラブは、ほとんどがストロングロフトです。

ちなみにノーマルロフトでは、9番の飛距離の倍がドライバーの飛距離の目安でしたが、ストロングロフトになると、PWの倍がドライバーの飛距離の目安となります。


2.アイアンに合わせたユーティリティやウッドの選び方

アイアンを5番までとしている方は、その上の番手はユーティリティかウッドにしていると思います。

その選んだユーティリティやウッドは、番手としてフェースの角度が適正でしょうか。

昔は角度がほぼ統一されていたので、4番アイアンに相当するのが9番ウッドや4番ユーティリティとされていました。

しかし、最近は番手もフェースの角度もバラバラです。
フェースの角度を知って、クラブを選ぶ必要があります。

例えば5番アイアンが28度であれば、番手間は4度刻みが基本なので、24度のウッドやユーティリティを選ぶということになります。

最近はフェースの角度が変えられるユーティリティやウッドが主流になってきましたので、23度を買って24度にしたりと調整も可能です。

但し、これはフェースの角度だけをみた目安になります。

厳密に言うと、シャフトがカーボンであったり、シャフトの長さが長かったり、シャフトの重量が軽ければ飛距離は延びますので、25度や26度にしてもいいかもしれません。

細かい調整はゴルフショップで試打をされて、5番アイアンとの飛距離差をいくらにしたいかなどで、最適なクラブを選択して下さい。






ゴルフがもっと上手くなりたい人へ
ゴルフが驚くほど上達する練習教材
✓スコアが100切れない
✓飛距離が中々出ない
✓本を読んでも、プロから指導を受けても上達しない
✓コースに出ると全然スコアが伸びない

そんなアナタにおすすめなのが、 「ゴルフが驚くほど上達する練習教材」 です。

ゴルフが驚くほど上達する練習教材は、 元プロゴルファーやティーチングプロ などが監修しているの信頼性の高い教材なので、誰でも確実にゴルフが上達 することができます。

このページでは、数ある教材のなかでも、信頼性と即効性が抜群のゴルフが上達する練習教材を紹介します。
7日間シングルプログラム

5ラウンド以内に80〜90台のスコアを!!
このプログラムはジャパンゴルフツアーに出場する現役のプロゴルファーの小原大二郎氏 が教える7日間で100を切り、安定的に80〜90台のスコアを出すための練習方法です!!

短い時間で成果が出るから忙しいアマチュアゴルファーにぴったりです!

しかも5ラウンド以内に80〜90台のスコアが出なければ、返金保証がついているので、安心して取り組めます!